うぱーのお茶会

ゲーム、アニメ、漫画、ライトノベルの感想、レビュー、関連した記事で構成されております

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第4話「フラップ・フラップ」感想

前回瀕死だったミツルは何とか生きていたが、強烈なトラウマを持ってしまったようだ。ゼロツーに何もかも吸い取られて食べられそうになった感覚。主人公ヒロは絶倫というわけかw
リーダーはイチゴに知らないうちになっていて皆を鼓舞している。ゼロツーはもうここでは用済みになって前線に送りこまれるようだ。

ゼロツーにたまたま整備室で出会うヒロ。しかし隠れてしまう。ゼロツーと一緒に乗ったら3回で死んでしまう噂を小耳に挟んで恐怖している様子。お風呂に入る風呂そしてゼロツーが乗り込んできて、壁ドンならぬ風呂ドンw ゼロツー「あなたも私のことを…」問い詰める前に非常事態宣言かのようなアラームが鳴り響く。キョリュウが襲ってきたようだ。包帯だらけのミツルは出撃に出ようとするとパートナーのメガネっ子が手を貸してくれる。意外と根性あるじゃないか。ミツル株あがった。メガネを外したパートナーとのセクロスじゃなかったドッキングじゃなかったコネクトもうまく行ったようだ。

しかしメンバー全員で一匹を倒したと思ったら二匹目がでてきて全員やられてしまう。なんという噛ませ集団。はやくゼロツーとヒロのパートナー同士で出さないのか。んなことを考えていると司令部でゼロツーは大勢の警備兵に囲まれて違う場所に移動させられてしまう。ひとり触れたらパンチで遠いところまで吹っ飛ぶ。ゼロツーって人間離れした身体能力も持っているんだね。ヒロは連行されるゼロツーに告白する「怖がっていたんだ。俺の覚悟のなさだ」という。他にもいろいろ恥ずかしい好きだった告白をして、ゼロツーも覚悟を決めた。警備兵を振りほどいてダッシュでヒロに会い、ストレリチアに乗る。ゼロツー「君と相性がいいみたい」 仲間たちと合流する。引っ張り出すとうなぎかミミズ型の細長い敵だと判明。コアを見つけ出すのが難しいという。仲間がなんとか食い止めている間に、ストレリチアは敵のコアを撃破。その間、イチゴの機体に目配せするなどゼロツー煽る煽る。

司令部は勝手にやって問題だというが、上司はこうなった以上、以前とは違う。パパたちがどう判断するかという。 ヒロは命を削ろうともあと一度だけ乗れるというが3回以上乗れるでしょ。たぶんw 今回はスッキリ爽快な回でした。やっぱり面白いわ

ミイラの飼い方 第4話「おにごっこはひとりではできないしいっしょは楽しい」 感想

主人公の空(小さいミイラを飼っている)から今回の主人公はたづき(他月)に交代。たづきは普段怖そうだけど、妹には甘く毎回宿題を教えてあげているようだ。夜道を歩いていると小鬼がついてきた。たづきは強面だが本当は心やさしいので小鬼を放っておけない。夜はベッドに住まわせておいて、朝は外にポイッと捨てる。しかし夜、子鬼は戻ってくるのだ。過去に小さいドラゴンを何かしてそれがトラウマになって子鬼を住まわせることに躊躇していたのだ。

飼っていいのか悩んだ末、空に相談してみる。「節分の時に追い出されたんだろうね」と答える。空とは小さい頃からの親友で幼馴染だ。小さい生き物は人間を恐れていて、一部の親切な人間だけみんなと情報を共有して姿をそいつだけに現れるのだ。結局子鬼を買うことにしてコニーと命名する。空のミイラのミーくんと合わせてみればコニーは追いかけて鬼ごっこをして仲良くなった(?) 巻き寿司を作ることになってミーくんはうまい。コニーも対抗して作る。上達してたづきと空にプレゼントする。いい話やなー。

キリングバイツ 第4話「だから辞めろと言ったのよクズが!」感想

獣人たちが3人一組になって戦うデストロイヤルはじまるよー 主人公のひとみは強い。相手役の野本くんは役に立っているような無いような。何も考えずにひとみの指示によって、島での移動方向を決めるのであった。いちいち大げさな煽り、ナレーションが笑える。バトルものなのにコメディーチックなのである。もうひとりのデブは熊かと思ったらカバでした。意外性と外見にクスリとくる。でも野生ではカバは最強とか聞いたような。また最後の仲間うさぎは相変わらず、運がなくトイレで獣人が女を襲っているのをみてしまいピンチ。ひとみに助けられて良かった。 本戦がはじまりひとみの相手は力士。獣人化すると熊。ごっついので大丈夫かと思ったら瞬殺。かませすぎるw 良いところでおしまい。来週も楽しみだ。

BEATLESS 第4話「Automatic world」感想

これはまた感想の難しい作品である。SFだなぁ。アンドロイド(作中ではHIE)が人間を扇動して、HIEを破壊しようとしている。主人公の友人ケンゴもHIE排斥運動のテロリストになっているのだ。妹は何か不安に思って主人公に助けを求める。主人公のHIEがこれまた優秀で次に狙う場所をケンゴの部屋のパソコンからハッキングして見つけ出す。ホームセンターによって透明化の道具などを揃えるのであった。この世界のホームセンター何でも売っているんだな。もっと日常品を工夫して使うばかりと思ったよ。あと社会的に重要なデータを歩行型つまりHIEに託すとはちょいと危険じゃないでしょうかね?

政治家も一部、HIEになっているのか。国会らしいところで議員のHIEの有無を議論していたけど、まさか襲撃した場所ってそこなのか?冒頭で襲撃する目的の議員の写真が、いま議論していた議員の顔だったような気がするし。テロリスト達も命令するのが人間じゃなくHIEであるのに気がついていないのもおかしい。でもHIEと人間の外観上の違いは?見ても区別つかないからな。 いろいろ疑問を持ちながら見るのであった。主人公も友人もいじらしい妹がいることが癒やしだよ。 前者はちょっと馬鹿っぽいけどw

グランクレスト戦記 第5話「常闇の森」感想

うん、よくわからんw 原作小説1巻分を1話に圧縮したようです。何話か飛ばして見ていた感覚。人狼(女性)と吸血鬼(男性)との会談。吸血鬼の友人か配下のような黒魔法士(女性)もそばにいる。人狼の双子の娘が人質に取られ、ひとりで来るように呼ばれる。その人狼と黒魔法士とのバトルがあったのですが、腕が飛ばされる人狼。ボロボロにやられついに倒れる。ようやく辿り着いた主人公とヒロインが黒魔道士と戦う。バトルシーンの作画は良かったと思う。主人公は活躍し、ようやく役に立ったな。やばいと思った黒魔法士は逃げちゃった。人狼は死んじゃったので葬式をする。子どもの双子の人狼が主人公に懐いて飛びついてくる。褐色ヒロインふたりが主人公のハーレム候補に追加ってこと? わかりやすいようなわかりにくいようなw

博多豚骨ラーメンズ 第4話「9回裏ツーアウト」感想

ストーリーが面白いな。わかりやすいし。昔あったハングマンを思い出した。キャラも特徴的なやつらばっかりで濃いし。殺し屋の殺し屋殺し。にわか侍の活躍もあって主人公の女装キャラも助かりました。戦い方が日本刀だけで爆弾を弾き返すとか戦い方も面白い。作画も良かった。

市長の息子で、人身売買で買った女を遊んだうえで殺す事件は、解決しました。市長の息子を主人公たちが確保して、椅子に座らせて街中の巨大液晶で事件の顛末を吐かせた。電波ジャックも出来るんだな。出来事が二転三転あって、お話も凝っていた。
最後は野球。野球回のあるアニメは名作! チーム名が博多豚骨ラーメンズ。タイトルの意味はそこからかい! 毎回ラーメンが出て来るのもノルマだな。

胸糞悪い事件からスカッと復讐するストーリーでした。これで一区切りついたので、次の展開がどうなるのか楽しみだ。

ハクメイとミコチ 第4話「仕事の日2 と ミミズクと昔話」感想

30分の中にいろいろお話が詰まっていて面白い。ほっこりとして良いです。ハクメイとミコチは小人。10cmぐらいとか。彼らの生態を描いた物語なのです。
前回燃えて新築にした家にミコチの女友達ホンジュが遊びに来た。ミコチは、蜂蜜のワッフルを作るという。手伝うホンジュだが料理の基本を知らず足を引っ張りまくる。湯煎とか(自分もしらんw)ハクメイは出張して包丁を研ぐ仕事のようだ。修理屋なのだ。あまり仕事が少ないのは良い仕事をしているからだとミコチは自慢げ。ふだんはミコチの手伝いをしているみたい。 

ホンジュに包装とか出来る?とミコチは聞いてみる。ジャムの瓶とか上手に包装した取り柄はあるんだな。次に石鹸をみつけた。なんかカビた豆腐みたいな外見だ。ホンジュは引いた。彼女の指導の元に石鹸を作ると素敵なものが。オチはホンジュの帰ったあとに石鹸の中から彼女の家の鍵が出てきたw ホンジュは隣の家の友達の部屋で全裸で眠るのであった。ここまでがAパート。

Bパートはハクメイとミコチが山に散策に行く。ロープで崖を登っていたら大きな鳥に気をとられてミコチは滑らせて落っこちる。大層な怪我だ。足がとくに駄目でハクメイに背負ってもらう。野宿することに(ゆるキャン!) ハクメイは放り出してきた荷物を取りに行く。巨大なフクロウに遭遇する。武器を身構えてふるえるハクメイ。干し肉を持っていたので渡すとフクロウは受け取って飛んでいった。ピンチ脱出。ミコチに顛末を伝えて料理をはじめる。ハクメイが震えている感じだったので「怖いの?」と聞くと、「またミミズクが襲ってきて、ミコチを残して逃げるのは嫌」リアルな会話だ。豆料理を作ったハクメイ。ミコチはなぜ料理できるのか聞くと、そして過去のハクメイの話をする。むかし全部荷物をすられた話だ。料理をごちそうしてくれるので食べていたら、荷物全部石にされていたという。狼のキャラバンに助けられて豆のスープの作り方を学んだそうだ。腐ったものの作り方などいろいろ知ったようだ。

次の日の朝、ミミズクがまた現れた。フクロウは果物をたくさんもってきて自分らにお礼をしにきてくれた。動物でしゃべれるやつとしゃべられないやつの区別がつかんw ところで優しい世界だな。癒される。雰囲気がいいね。
livedoor プロフィール

ういろう

最新コメント
月別記事
カテゴリー
記事検索
PR
スーパーマリオ オデッセイ - Switch


PS4/モンスターハンター:ワールド 【カプコン


Splatoon 2 (スプラトゥーン2) - Switch


PlayStation 4 ジェット・ブラック 1TB (CUH-2100BB01)


ソードアート・オンライン19 ムーン・クレイドル (電撃文庫)




魔法科高校の劣等生(21) 動乱の序章編〈上〉 (電撃文庫)


この素晴らしい世界に祝福を!12 オリジナルアニメブルーレイ付き同梱版 単行本


小説 君の名は。 (角川文庫) 文庫




この素晴らしい世界に祝福を! 9 紅の宿命 【電子特別版】<この素晴らしい世界に祝福を!> (角川スニーカー文庫) Kindle版


魔法科高校の劣等生 九校戦編(5)(完) (Gファンタジーコミックススーパー)


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。-妄言録(モノローグ)-(10) (ビッグガンガンコミックス)


僕だけがいない街(9)(角川コミックス・エース) Kindle版

【Vita】ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 日本一ソフトウェア


【3DS】世界樹の迷宮 長き神話の果て【先着購入特典】世界樹の迷宮 サウンドトラック ラフスケッチVer.付

【3DS】妖怪ウォッチ3 スシ (「特典」限定"妖怪ドリームメダル"「KKブラザーズ メダル」同梱)


【3DS】牧場物語 3つの里の大切な友だち マーベラス


【3DS】カルドセプト リボルト 任天堂


【PS4】人喰いの大鷲トリコ 初回限定版 【早期購入特典】「オリジナルPlayStation 4テーマ」「ミニサウンドトラック」がダウンロードできるプロダクトコード封入


【PS4】スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ バンダイナムコエンタテーメント


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ