小説『星界の紋章(1)〜(3)』『星界の戦旗(1)〜(3)』早川文庫を知っていますか? アニメ、コミック化したので、けっこう有名な作品だと思うのですが。
Amazon:星界の紋章〈1〉帝国の王女ハヤカワ文庫JA
運命のいたずらでアーヴの星間帝国の貴族となった少年の冒険行を、SFマインドあふれる設定と、息もつがせぬストーリーで描いた気鋭のスペースオペラ超大作。

めちゃくちゃ大雑把な説明だと、少年を主人公にした銀河英雄伝説みたいな。遺伝子操作によって人工的に作られ、宇宙環境に適合した人類の子孫「アーヴ」など設定も魅力的です。

そして『プリンセスメーカー』シリーズなどで有名なイラストレーター赤井孝美の表紙でもおなじみです。
赤井孝美お仕事情報(イラスト公開)

ガイナックスが「星界の戦旗」ゲーム化とのことで、「鋼鉄のガールフレンド2」の悲劇再び。 同時期の「まほろまてぃっくアドベンチャー」も『アニメと同じ絵で違和感がないのが良い』という非常に微妙な評価で、ほとんど話題にもあがらない作品。

鋼鉄2のクソゲーっぷり説明@探偵ファイル
ファミコン『ミシシッピー殺人事件』を彷彿とさせる突然死。その他の評価では「下手な同人レベルの絵じゃないか」と全国の嘆きが聞かれました。

すでに発売している家庭用のPS版「星界の紋章」に続いて、パソコン版「星界の戦旗」はどのようなものか。
ジャンル:戦術シミュレーション&アドベンチャー
対応OS : Windows98SE/Me/2000/XP
メディア形態 : CD-ROM版(2枚組)or DVD-ROM版(1枚)
価格 : 8,800円(税別)
発売元 : 株式会社ガイナックス
特典 : 森岡浩之書き下ろし短編小説、アーヴ語フォントデー

『森岡浩之書き下ろし短編小説』が本編で、おまけがゲームだと言われたり不憫だ。 原作者の森岡氏が現在「戦旗3」以降、このシリーズの続きを書こうとしていないのが原因でもあります。発表するのもアニメ・フィルムブックのおまけ短編ぐらいしか書かないし。

初っ端から不安が的中なのです。
普通、DVDとCDにわざわざ分けて発売するのには、当然DVD再生付きのパソコンを所持していない方への配慮もあります。その際、DVDの方が大幅な容量を使うことができるため、多少のおまけがあったりすることがあります。 ふたつの仕様にするには手間がかかったり、CG増量とかやるとCD所有者から不満があがったりするので、よくあるのはBGMや音声の高品質化。 ところがこのゲームでは…

http://www.gainax.co.jp/soft/seikai/index.html
※「星界の戦旗」DVD-ROM版はゲームと音楽をハードディスク上にインストールし、ゲーム中にDVD-ROMを必要としないという利点の為に音質のレートが8bitになっております。
CD-ROM版につきましては音楽をインストールせず、ゲーム中CD-ROMを必要とする為、16bitになっております。
あしからずご了承くださいませ。

DVDの方が音質が悪いって。
しかもアニメ版のゲーム化なのに、ボイス無し。

その同ページすぐ下の発売インタビューから
まずは、CV(キャラクターボイス)が無いということについて赤井さんから監督に「これはどうして?」という質問がありました。

これは、ガイナックスでのゲームの在り方とは少し違う方向性の、純粋にゲームソフトとして楽しめるものを作ろうとして、その分のパワーをゲームのシステム的なもの等の製作に打ち込んだ為だそうです。
出演者の方からも、ゲームを創っているのに、なぜ依頼が来ないのかという声があったとのことで、これは星界に関わった人がみんなこの作品を愛しているからでしょう。

物は言いようです。 まぁたしかにボイス収録したら、ゲーム内の変更を簡単にはできなくなる面もあるからなぁ。

さてその純粋にゲームとして楽しめたか?
2chスレ:PCゲーム板
13 名前:名無しさんの野望 投稿日:03/09/26 19:04

アニメ板のFG報告をまとめると、

・ゲーム自体は古くさくて、つまらん
・アニメのゲーム化なのに声がない。
・アニメのゲーム化なのに絵が似てない上に、糞
・声優使ってないのに、値段高杉
・おまけ(原作ファンにとっては、こっちが本体)の超外伝小説がつまらん

45 名前:名無しさんの野望 投稿日:03/09/27 01:20

機雷と巡察艦で蹂躙しまくり・・・
AI、頭悪すぎ・・・
シナリオ浅すぎ・・・

46 名前:名無しさんの野望 投稿日:03/09/27 01:55

おいおい、誰か 「ギャラクシーエンジェルよりは面白いよね」 って言えよ、なぁ、おい(ry

109 名前:名無しさんの野望 投稿日:03/09/29 00:42

元ネタまったく知らずに特攻かけて玉砕しますた・・・
いまどき戦略ゲーが半日もかからずにおわるのはいかがなものかと・・・
システム面も悪いとは言わないけど忙しすぎだし

138 名前:名無しさんの野望 投稿日:03/09/29 22:36
「星界ノ戦旗」

さっき終わりました、感想は、プレイ時間が短過ぎです
スポール提督を助けなければ良いのかな?
あと、絵が下手過ぎ、全体の完成度は同人ゲーム並
それから艦種の質量の差が平面宇宙の戦略ターンで生かされて
いない、せっかく硬派な設定があるんだから、恋愛ゲームは
別に出して、もっと凝ったSLGにして欲しかった

ガイナックスは技術力があると聞いていたのですが、ゲーム部門は
ダメなのでしょうか?

142 名前:名無しさんの野望 投稿日:03/09/30 01:06

>>138
>ガイナックスは技術力があると〜

…どんな冗談だ?

153 名前:名無しさんの野望 投稿日:03/09/30 17:22

>>138
>ガイナックスは技術力があると〜

金を集る為の広告戦略とメディアを抱え込む裏工作の技術力なら有るけど…
永らく
ガイナックスの最強>プリメの初代
ガイナックスの最凶>エヴァ:鋼鉄の彼女
と言われて来たが…もしかすると最凶は更新したかも知れん

154 名前:名無しさんの野望 投稿日:03/09/30

プリメは3代目でおかしくなったな

155 名前:名無しさんの野望[sage] 投稿日:03/09/30 19:34

最強はプリメ2だろ、あれは1を超えた。
3は武者修行がなかったのが痛すぎ。
最凶は当然鋼鉄2。
ある意味ガイナらしいのが電脳学園&バトスキ

・・・そうだ!きっと戦旗はプリメ4の犠牲になったんだ!
そうにちがいない!
それなら許せないでもないw

157 名前:名無しさんの野望 投稿日:03/09/30 21:34

…プリンセスメーカー…
ラフィール王女…
なるほど…プリメ4かも知れんな〜

340 名前:名無しさんの野望 投稿日:03/10/14 11:00

PS版はオリジナルエピソードとか組み入れててシナリオもそれなりに長かったしな。
「原作の流れをなぞるだけ」と「原作に忠実」の間には、褐色矮星と主系列星と同じくらいの
断絶があるぞ( ゜Д゜)ゴルァ!!

346 名前:名無しさんの野望 投稿日:03/10/14 23:29

PS版には敵艦のグラフィックが有ったけど、PC版は無くなったな〜 しかも、艦種が敵味方で減ってる…
グラフィックに関しては明らかにPS版の方が手間掛けてるな…
PS版だと[敵艦発砲⇒自軍艦被弾(自軍艦発砲⇒敵艦被弾)]で、PC版だと[自軍艦被弾(自軍艦発砲)]だから、半分しか作ってない。

PC版の動画で敵艦は突撃艦だけしか出て来てないし、PS版のデータを思いっきり流用してる…
素直に他のも流用したら良かったんでないか?
酷い手抜きだよな…
シナリオ薄くなってグラフィックに手抜きして、販売価格は上げてるぞ…(PS版でさえ酷評されたのに、この酷さは…?)
最低限、敵艦の発砲・被弾グラフィックの追加とミッション数+2をパッチにして配布しろ!>ガイナ
無論、無料でだ!!

酷いいわれようです(´Д`) まぁ確かに昔のエイプハンターJとかバトルスキンパニックの頃は良かった。

また問題のDVD-ROMというメディアについて。
267 名前:名無しさんの野望 投稿日:03/10/07 03:27

Disc2をイメージ化してdaemonにマウントしてるけど特に音割れとかは発生せず。一体どんな貧弱な、あるいは汚染された環境で試したんだ?>販売元。

269 名前:  投稿日:03/10/07 03:42

ゲーム本体が140MB+音楽76MBで総容量220MB程度しかないのに、
DVD-ROMにする必要ないだろ・・・
CD-ROM一枚に全部入るのになぁ。

まさか任意にBGMの種類をPCMかCD-DAのどちらかに切り替えられないくらい
プログラマがヘタレなのか!?

エロゲの汎用プログラムに負けてる・・・
BGMの部分のダメさ加減は言い訳できないレベル。DVDなのに総容量220MB程度って。

さてゲームが駄目なら、むしろ本編ともいえる『森岡浩之書き下ろし短編』
ここからは、そのおまけ小説のネタバレがありますので、人によっては注意です。

星界の戦旗オフィシャルサイト
9/8
さすが森岡先生。星界らしさをしっかり残しながらも、意外なオチに思わずにんまりさせられる「超外伝」に仕上がっています。スタッフの間でも回し読みされ、謎解きに熱中するほど。星界ファンなら、読むしかない!

あらすじ
司令官から与えられた特別任務は、スファグノーフ演習基地に紛れ込み、不穏な動きを見せるワローシュ従士の極秘調査だった。彼らの思考結晶網に残された謎の言葉---「発芽」「台所」……。ついに、恐るべき計画が明らかになる。

キーワード「発芽」「台所」ってなんだ? 謎解き、意外なオチ、恐るべき計画、そして超外伝。むむむ


2ch:ライトノベル板
553 名前:イラストに騙された名無しさん 投稿日:03/10/14 21:16

マジにしらんのだが、付録って大体どんな感じの内容なの?
解説キボンヌ

555 名前:イラストに騙された名無しさん 投稿日:03/10/14 22:12

>>553
解説しようも無いんだけど…
ソバーシュが星界軍に復帰した直後の話
「従士に成りたがるが、問題の有る性格の人物が多いワローシュ人」が「何か良からぬ事を企んでるらしい」ので調査しろって命令される。
で、通話記録を機械翻訳したら意味不明な文章が…

「発芽する」やら「台所」やらが多数出て来る意味不明な文が出て来たんだな〜

それで、ソバージュさんが悩んでたら本人たちが集まって来て、出身氏族を教えたら意味を教えるって言ってくる。そんな展開なんだな…(ま〜何を企んでたかまで書くと拙いから書かないけど…)

17ページの小冊子で、読んでて何も得るものが無く、呆れる以外に出来る事が無いような内容だよ。
素人の下手糞なSSの方がまだマシな内容に見えるぞ!

315 名前:イラストに騙された名無しさん 投稿日:03/09/27 21:48

単語関係

ワローシュ        ←おたく
ディシャンデル      ←にちゃんねる
台所           ←厨房
過ぎ去ってもかまいません ←逝ってよし
発芽           ←萌え
氏族です         ←氏ね

分からんのは下記。

これは詩です
ウングガング
アスケルペルン
エトーメスクライパールングッガ

ゲームのほうはやってないので知らん。(一生やらないかも)

535 名前:イラストに騙された名無しさん 投稿日:03/10/13 00:53

今日、PC版戦旗が届いた…
短編を読んで一言…

     4巻も書かずに2ch三昧ですか?

思わず殺意が芽生えてしまったよ!

547 名前:イラストに騙された名無しさん 投稿日:03/10/14 17:52

でもPS版の付録短編ぐらいは書いて欲しかったよ…
しかも題材が2chでは、殺意を覚えるのは当たり前です。

「貴様、戦旗の4巻も書かずに連日2ch三昧か?仕事しろ!仕・事・を・よ!!」

なるほどアーヴの人が解読しようとした『通話記録を機械翻訳したら意味不明な文章』とは、異世界の……つまり現代のインターネット上の巨大掲示板『2ちゃんねる』に書かれていた2ちゃん用語だったわけです。 これは意表をつかれた星界シリーズ短編でつね(´・ω・`) さすが『超外伝』といいますか……。

結局オフィシャルサイトの『スタッフの間でも回し読みされ、謎解きに熱中するほどのもの』とは、2ちゃん用語に変換するパズルって。あーたw  どっかのアニメのCパートやコメディドラマじゃないんだし。森岡マジメに書いてください。お願いします(´・ω・`)  

ゲーム現場監督さんの日記もありまして、制作の苦労話が…。これは刺激的な内容です。 制作期間も6ヶ月と短く、資金もない、人材もいない。こんなゲームになったのもしょうがない(えー  
不幸にも購入して、楽しめなかった人は泣くしか。・゜・(ノД`)・゜・。

最終回(全13回)
http://frybarec.lacmhacarh.gr.jp/game/essay.html
このページの一番下のリンクから第1回〜第12回まで。
その中でも印象に残る文章を抜粋。
・PS版「星界の紋章」マスタアップ後、日本経済のせいでナインライブスを辞去、ゲーム業界でグラフィック の仕事をしつつ帰宅後&土日は3DCGの作家業を商うという生活が板についてきたある日。
「星界第二弾を作りゃー」という指令が下ったのは、移籍から二ヶ月ほど経ってからのじゃった(じゃった?)制作 の条件がまたスゴイ。「制作期間半年。金はない。人もない。進行管理も自分でやってね。」

おい”っ!

・「紋章」のときに3Dを手伝ってくれた相方が合流するはずだったのに、「3D専門は要らん」という会社都合でおじゃん。話、ちゃいません? てか、3Dにかぎらず、いちど失敗すると全て白紙に戻そうとする体質、なんとかなりません??

・監督御自らダミーのフェイスにキャラナンバー書き込むなんて、完全に同人ゲームの制作体制だわな。

・前回の白だか黒だかにも書きましたが、ガイナのゲームはキャラクターグッズの扱いです。偉い人の中には「俺が画を描けばゲームなんて売れるんだ」と豪語しているヒトもいます。
買いません、少なくとも私は。

・前作「紋章」の最大の参考書が、実は似ても似つかぬ「フロント●ッション・オルタナティブ」だったのは内輪では有名な話。表現形態はまったくの別物ですが、リアルタイム戦闘、キャラクターの成長を戦闘中での具体的な行動で表現する、などコンセプトレベルで多大な影響を受けております。

「戦旗」はエロゲー「大●司」を、かなり参考にしています。これまた表現形態やプレイ内容が別次元なので、一見類似点はありませんが、移動、複数の戦闘、補給、イベントと多岐にわたる作業をスムースに進行させるシステムの手本にさせていただきました。

上の伏字は!? 断定はできないけど自分の推測だと アリスソフト「大悪司」
紹介ページ:http://www.alicesoft.co.jp/akuji/index.html
大悪司は、鬼畜王ランスのような『地域征服型シミュレーションゲーム』です。
プレイヤーは、地域管理組合の組長となり自分が管理する土地を増やすべく、
金と部下と女を使い戦後の荒れた土地を奪い合います。

普通のエロゲーだとノベルタイプで読むだけに対して、こちらはゲーム性があって、たいへん面白いとの評判なのでやるべし。

さらにゲーム作りとしてのコツなどが書かれた、第8回のこの辺↓のくだりは特に面白いので、ぜひ読んでいただきたい。
http://frybarec.lacmhacarh.gr.jp/game/essay08.html
「戦旗」では、最低限の演出で行けるという勝算がありました。はい、前回を読んでいるよいこの皆さんはお気づきですね。「大●司」が、まったくそんな調子だったからです。演出の水準さえしっかり定めていれば、物量に頼らなくとも、案外とクオリティーは落ちないという実例を事前に確認できたのは僥倖でした。

あとは原作でも主人公とヒロインの間に芽生える恋みたいなものはあったけど、全体的にシリアスな戦記物だったものに、相容れない恋愛的要素をゲームに入れなければいけないので苦労されたようです。
戦旗のもう一つの顔、それは(戦場)恋愛シミュレーション。
登場する40余名の部下キャラクターのうち、約半が明確な個性を与えられ、それぞれイベントを持っています。出現回数無制限の汎用イベントね。さらにその中の○名は恋愛可能で、想い人へのステップを踏むための専用イベントが多数用意されています。

いやあ、痛感しましたね。萌えキャラ業界の大御所、人気シナリオライターS.A先生の偉大さを。あのテの妄想系萌え腐りシナリオで恥ずかし気も無く商売するなんて、普通の神経では耐えられませんて。

S.A.ってもしかして、あかほり先生のことでは!?
カントクが師匠と言えば赤井孝美です。尊敬はしていますが崇拝はしていません。ではどのあたりを尊敬しているかと申しますと・・・。

たとえば計2回、1時間弱のブレストだけで制作もテストプレイもノータッチ*2、それどころか通りすがりに画面を見ただけでオープニングムービーさえもSF大会で初めて見たという状態なのに、雑誌のインタビューで「戦旗」というゲームを語ってしまうあたりです。

素敵です。

痺れます。

あと星界シリーズの表紙&挿絵のイラストレーターとして、今回のゲームのプロデューサー・ビジュアルコンセプト・キャラクター原案の赤井孝美氏ってばっ。いやいや部下をかなり信用しているんだ、けっして放置しているわけじゃ…… 売れっ子は忙しいんですよ。そもそもゲーム売り場では、まず商品パッケージのイラストを目にして、手に持ってみるのが消費者の行動心理。ゲーム内容よりもまずはイラストですよ! スゴイ大事なお仕事です。

そもそもこの日記、フィクションだと監督さんもおっしゃっていたしなぁ。よくある過剰に誇張したネタですよ。ハハハ プリンセスメーカーの頃もそうだったのだろうか( ´,_ゝ`)

その他、開発がヘンテコになったのはここら辺でしょうかねぇ。
アニメの方の版権はサンライズだから、BGMやボイス、映像も自社製作のように簡単には流用できなそう。資金もよけいにかかる。
版権問題
星界シリーズは権利関係が複雑怪奇です。

「紋章」のときも最後までコピーライト表記の差し替えをしてました。「戦旗」では発売時期までからんできたので、輪をかけてややこしくなっていました(放映終了から半年未満か以上かでWOWWOWの表記が異なる)。さらに攻略本の話しまで来て凄いことに。

サンライズがアニメ化してWOWWOWで放映した早川の小説を、ナインライブスを吸収したガイナックスがゲーム化して攻略本を角川が出す
うーむ、わけわからん。

DVD版
開発も一段落してだれていたとき、発売元から連絡が。
「DVD版も出します。」

だ、大丈夫なのか〜、いまさらソースに手を加えて・・・。
案の定、BGM読まなかったり、音が途切れたり。

最初のPS版「星界の紋章」のゲームしたのはナインライブスで、そこを吸収したガイナックスが「星界シリーズ」ゲーム化の権利を持つことになった。なんか複雑だ。

原作者はまったく小説の続きを書かないから、客層もこれ以上増えにくいし、盛り上がらない(アニメ化もできないし) その分、なるべく制作費を安く、また短期に開発して、まだ興味を持っている層に売りさばく手法をとったわけで。

まぁこれが一番良かったのですが…
425 :名無しさんの野望 :03/10/31 01:43
ま〜バンダイの方がマシとは言え、バンダイが技術力の高い所に丸投げして、「販売:バンダイ 開発:アイマジック」とかで作ってくれた方が良かったと思う。
ま〜、ガイナがケチな事しないで、技術力の有る所に丸投げすれば良かったんだよな〜 ちゃんと、予算を出して売れる商品作って真っ当な商売すれば良かったんだよ… 中途半端な商品作って信用を切り売りしてる現状を理解してるのかね〜

まぁ現実問題、ここがゲーム化の権利を持っているわけで。アーヴの遺伝子操作技術を用いて、シド・マイヤー、宮本茂、田尻智、堀井雄二、鈴木裕のDNAを抽出して、監督と結合させるのが手っ取り早いかと。

ゲームもダメ、おまけもダメ。それなら攻略本はどうだ! ファイナルファンタジー8や10-2だって本編の内容がああでも、攻略本〜アルティマニアのデータの膨大さ、内容の充実さは抜群で、素晴らしいできというのはよく聞く話。
446 名前:名無しさんの野望 投稿日:03/11/04 05:14
攻略本読んできた。

…糞だった。_| ̄|○

つかこれぜんぜん攻略してないじゃん。
資料もへぼいし。これで1800円。(゜Д゜)ハァ?

まぁガイナのゲーム関連は偉い人もおっしゃるように、キャラクターグッズの扱いですから_| ̄|○

こんな定価8,800円の「星界の戦旗」を購入して、みんなでアーヴの地獄へ堕ちよう!