漫画家になってジャンプ(NHKの規定により作品名は良いけど出版社名はNGでジャンク)で掲載されることをめざす二人の物語。



バトル系には向いていない脚本担当のシュージンでひねったものを担当編集に作画担当のサイコーとふたりで出していたけど、これでは週刊少年ジャックに掲載して上を目指すことが難しいので、王道のバトル路線で言い出したのが前回。



今回はその続きで、担当編集の服部さんは「無理だー」というのに、期待の新人、新妻エイジが乱入してキャラが勝手に動くからネームは嫌いとか、その場の頭のイメージで前回のように描いたと聞かされ、焦る服部さんと、何かを掴んだようなサイコー ほとんどが彼の彼女(?)の声優デビューをめざす小豆ちゃんの現状でした。



原作でやった小豆がアイドル声優として、見た目でスタッフのお偉いさんに選ばれたとか黒い部分はまったくなくなって(NHK教育らしい…)、オーディションで何とか合格するという毒がなくなっちゃった。まぁメインじゃないからいいのか。原作もその後、それについては掘り下げて描いていないしな…



しかし声優デビューとして自分でやっていけるか悩む小豆が親友をたまたま自宅に呼んだり、サイコーと携帯でやりとりするなど、『青春してますなー』という所です。



けっこう良い作品だと思うんだけど、あんまり自分のネット巡回範囲が狭いせいか話題になっていないような… 2chアニメ板は過疎気味。可愛いヒロインとか男ひとりに女性ふたりでどちらが良いか論争ぐらいしないと伸びないのだろうか。アニメ感想ブログの方はどうなんでしょ。



ライバル新妻エイジは天才かつ小さい頃から書き続ける努力家でもあり、主人公のサイコーとシュウジンは努力家ではあるけど、いかにジャンプで掲載されるか、トップをめざしアニメ化をして、そのヒロインに小豆に演じてもらえるかという目標で、邪念(?)っぽさが読者&視聴者には新妻エイジ人気の方が高いっすね。 感情移入できないから主人公達には気分悪いっていうネットでのカキコや知人でももっぱら不評w 漫画好きが漫画作品を描くというよくある今までの作品より、個人的には捻っていて面白いんですけど。そもそも主人公とかに感情移入できなくても、キャラやストーリーが面白ければOKだからなぁ。



まぁでも原作のジャンプ掲載の今のふたりの立場は、ちょっと『何かアニメ化だけが目的になってんじゃね?』『なんか話が枝道というか引っ張り気味になってるわ』という微妙な気分になっているのは確かなのですがw アニメでやっている所、あたりは試行錯誤していて良い感じなんですが。 王道バトルでジャンプの上をめざすってライバル多すぎるし、邪道というか、違うタイプの作品が良いと自分も思うのですが、さてさて。アニメ1期はどこまで行くのかな? 2期が決定してあることもあって、3期、4期と繋がって行くことを期待しつつ、漫画の方がグダグダになりませんように。