現代ファンタジー学園もの。モンスターによって世界が滅亡の危機にあるみたいな? 主人公の中二病(本来の使い方。邪気眼ではない)、すかした性格嫌いなネットユーザー多い印象だけど、俺は別に嫌いじゃないぜw やれやれ系というかカッコつけている俺様キャラ。



戦闘シーンは緊迫感ないな。作画も悪くはないが良いってわけでもないし。BGMの音楽の使い方は気に入ったかも。



エンディングは新生クラリスか。贅沢な使い方だ。あと作家が複数加わっての原作らしく、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』の渡 航先生も携わっているじゃないですか。マーベラス。どうりで最終巻と思われる12巻も音沙汰ないわけか。それだけの理由でもないかもしれないけど。



物語としては今までのテンプレを入れ込んだ感じ。好きな人は好きでしょう。



Amazon:

クオリディア・コード(仮) (ダッシュエックス文庫)2016/8/25

渡 航(Speakeasy)、 松竜





アニメの前日譚

どうでもいい 世界なんて: ークオリディア・コードー (ガガガ文庫)




Gravity(期間生産限定アニメ盤) Single, Limited Edition, Maxi

ClariS