遅ればせながらシン・ゴジラ見に行ってきた
前評判が高かった(ツイッター上で)ので、ちとそこまで大絶賛する出来でもなかったと考えたが、あとから考えると色々考えさせられる作品だと思った。今までの日本での大災害に見舞われたのとそれに対応する政府との流れにぶち当たるわけだ。 群像劇といっていいのかな? 日本の政治、官僚、法律とかこれだと。恋愛とか家族愛とか入れなくてよくここまで人気でたなぁと感心した。作品的なレベルは近年のゴジラでも高いと聞く。最初のゴジラ以外は、ビオランテしか見てなかったもので(苦笑) こっちも面白かったなぁ(遠い目)

肝心のゴジラは最初の姿から変化していくのにはビックリしたがなかなかドンと構えていて不気味だ。ドンパチもっとやるかと思ったが自衛隊に対して圧倒的につええ、一部CGでの攻撃効果をもっと見栄えよくしろよと思うのがあった(背びれからのビーム)が、軍隊やビル群を壊していく姿は圧倒される。ほんと建物が倒れてゴジラが潰されるシーンが好き。 あと列車の攻撃とかいろんな作戦あって楽しかった。最後のゴクゴク攻撃は見た目もユニーク。

あとネットでよくみると賛否両論なのねw いろいろイメージが長い間あってみんなのゴジラができあがっているからな。 あとセリフがボソボソ言っていてよく聞き取れなかったりあって何がなにやらという部分もあって、それがわかったらもっと楽しめるかと思った。ゴジラは最後まで何考えているのかわからない怖い存在だと思った。ネットの感想読んでいたら、なるほどというのがあってより楽しめるようになりました。ゴジラ単体の感想がはじめ60点ぐらいだったのが80点ぐらいになりましたよ。設定資料(パンフレット)とかみると専門用語たくさんあって解説されているのかな?

俳優人もいろいろ癖のあるかたばかりで面白かったなぁ。実写映画ほぼここ数年見ていなかったもので。
ルー大柴に匹敵するおんなが前半とくに目立つのだけどまたシリアス一辺倒の中わらわかしてくれて。いやガチ研究オタクな娘さんも印象的だったな。

庵野監督もこれで特撮に引っ張りだこにならず、エヴァンゲリオンの続き作ってもらいたいものだ。このシン・ゴジラの続編つくろうとしても蛇足にみえる。