あまりにも傑作で、いろんな賞を取ってますね。クラウドファンディングで作られた。(クラウドファンディング(英語:Crowdfunding)とは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。) 最初はミニシアター系でほそぼそと上映したようだ。

あらすじは映画.comからの引用

『第2次世界大戦下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前向きに生きようとするヒロインと、彼女を取り巻く人々の日常を生き生きと描く。昭和19年、故郷の広島市江波から20キロ離れた呉に18歳で嫁いできた女性すずは、戦争によって様々なものが欠乏する中で、家族の毎日の食卓を作るために工夫を凝らしていた。しかし戦争が進むにつれ、日本海軍の拠点である呉は空襲の標的となり、すずの身近なものも次々と失われていく。それでもなお、前を向いて日々の暮らしを営み続けるすずだったが…』 (ここまで引用)

これは劇場で集中して見てもらいたい作品だ。大きなスクリーン、音響も途中からの戦争の体験を少しでも味わえるし。戦争さなかなんだけど、けっこうユニークな描写がたくさんあって、途中までそんなにシリアスじゃなく感じるので非常に見やすいのもポイント。

少女時代から主人公のすずはおっとりしていて、そんな効率的ではないかもしれないがしっかりと家事をしたりしてる。おっちょこちょいというか可愛げがある女性なのである。彼女は楽しい時にはニコニコしながら、そして絵の才能もあって鉛筆でいろいろスケッチする。かなりうまい。

最初みていたときはまだ戦争に入る前と開戦したばかりで余裕がある。呉にお見合いで向こうの男性から結婚を申し込まれすることとなった。実家を離れ、旦那と義父、義母と暮らすようになるが性格はそのままのおっとりした感じで自然体に生きている。恥ずかしがってテヘヘ笑いが可愛い。

戦争がはじまる食事とかも配給とかどんどん乏しくなってくる、それを一工夫してご飯に大量の湯でふやかして多くみせたり、野に咲く草をかってきては創作料理をするのだった。家族の評判は意外とうまかったり、味がなくてまずかったりw 

夫の姉(すずにとっては義理の姉)が子供を連れて帰ってくる。いろいろテキパキとするので、おっとりとしている「すず」にはどうも合わない。でも意地悪されるわけでもなく何とかやっていくのだ。戦争下で「すず」を中心に描いている。戦争下でこんな生活をしているんだと勉強になる。ひとりで実家の江波から呉に1人嫁入りとして連れられて友達もいず、仲良しだった実妹とも離れていても、何不満いわず毎日を生きている。

呉は海軍の大日本帝国の軍事拠点なので、戦艦大和と武蔵もいる。海をみていて義姉の娘にいろいろお船の名前を聞いて感心するのだが、ちょっとしたエピソードもほほえましい(?) お見合い結婚で初夜ってこうするんだという豆知識もあるのでぜひ!(ぉぃ

ヒロインで主人公のすずの目を通して、戦争を体験した人生賛歌の物語なのだ。ぜひ近くに映画館があったら見て欲しい。

最初は小さな映画館でしたやっていなかったのだが、あまりにも傑作で口コミでも有名になって、去年に上映していたのが今年1月からそこそこ大きな箱で上映するようになった。先週全国的にかなりのお客が入ったようで。 自分も土曜の夕食時に行ったのですが、そこそこ大きな席でしたが満席でした。 将来DVD化されレンタルで見られると思いますが、劇場でみるのとは集中の度合いが違うので、劇場で見ることをぜひオススメします。