今回は高木さんと西片だけでなく、モブ3人衆の話も別にいれてきた。イチャイチャっぷりでお腹がすぐにいっぱいになるから正解w
モブ三人衆はあるある話に他愛もない下校時の会話を楽しむのが正解かな。
高木さん、西片ペアはもう、からかい上手の彼女に翻弄される彼が頬が緩む。こんな青春時代送ってみたかったよ。
ジュースでは間接キスでドキドキするかと思いきや平然とする高木さんに動揺する西片なのであった。中学時代の思春期特有の男女の精神年齢の差がよく出ていると思います。妙に高みからの発言する西片だけど結局は高木さんに翻弄されてしまうのである。「勝ったら私のファーストキスあげるね」の発言の威力たるや西片にはなすすべもないのであった。「何もしなくてもいいや」はいまの現状が楽しいからそれ以上は求める欲がないと受け止めていいのだろうか?

筋るトレは15回もからかわれた西片が腕立て伏せをその倍以上するという話。どんどんからかわれる数が増えていくのに吹いたw 「最近逞しくなってきた」「ちょっとカッコよくなってきた」ような男のプライドをくすぐる西片さん褒め上手でもあるのである(事の元凶なわけでもあるがw)

あいあい傘をするふたり、ここでも高木さんから西片からかわれる。青春だなぁ。ど忘れた単語を言い当てる合戦で恥ずかしいセリフを言わせようとする高木さん、中学特有の大人になればたわいもない言葉だけど西片は照れてしまうのである。対照的に平然とする高木さん。これまた男女の精神的年齢の差が出てしまったようだねw 特殊エンディングも良かった。