ガイナ公式:あらすじ&表紙
星界シリーズ最新刊「星界の戦旗 −軋む時空−」12/21発売!

星界の戦旗IV
長いこと続きが出なかったスペースオペラ最新刊が発売。
遺伝子操作によって人工的に作られ、宇宙環境に適合した人類の子孫『アーヴ』の女の子ラフィールと、運命のいたずらでアーヴの星間帝国の貴族となった少年の冒険物語。TVアニメにもなった。
ラフィールのお姫様&ツンデレぶりが『高機動幻想ガンパレード・マーチ』ヒロインのひとり芝村舞に受け継がれたと言われた。(その後、マブラヴの御剣冥夜に至る) 他の作品にいろいろと影響を与え、話題となったSF小説。

http://d.hatena.ne.jp/YUYUKOALA/20041128#1101626866
(はてなダイアリー 悠 々 日 記 11/28)
編集さんやイラストレーター、関係者は待つのが大変だったろうなぁ。リンク先の喜びようがw

☆星界シリーズの長きによる発売に至るまでの流れ

・星界の紋章1 発行日1996年4月
・星界の紋章2 発行日1996年5月
・星界の紋章3 発行日1996年6月
・星界の戦旗1 発行日1996年12月
作者による後書き
戦旗IIはできれば春ごろにお目にかけたいと思っています。約束じゃありませんよ。ただ「春ごろに出せればいいなぁ」と根拠もなく願っているにすぎませんから、そのあたりをお間違えなく(笑)。さほどひどい遅筆とは思いませんが、わたしは断じて手の早いほうではないので。

・星界の戦旗2 発行日1998年8月 <−ここから雲行きが怪しくなる。2年後
いやぁ、まさか自分がこんなに筆が遅いとは思わなかった。むしろ平均値よりはやや速いほうぐらいに考えていたのですが、とんでもない思い違いでした。うーん、それにしてもおかしいな、こんなに遅いはずがないのだが。

・星界の戦旗3 発行日2001年3月 <−3年後
まったく時の流れは速いもので(中略)
そのあいだわたしがなにをやっていたかというと、長篇を1冊と短篇をいくつか書いただけでした。 決して『星界の戦旗』を書くのが嫌になった、というわけではないのですが、なかなか世界に再突入することができなかった、というのはたしかです。(中略)
星界の戦旗はまだまだ続きます。
(中略)
ペースゆっくりですが、よろしくおつきあいください。

・星界の戦旗4 発行日2004年12月(予定)<−3年後

ドラクエの新作じゃないんだから、ペースのんびりすぎだー(゚Д゚) 話の内容忘れちゃったよ。
シリーズ物の小説(ライトノベルとか)はこれがあるから結構、大変なんだよなぁ。まぁ気長に待つのには慣れてくるし、しらないうちにフェイドアウトしていくわけなんですが(´・ω・`)

過去記事)PCゲーム「星界の戦旗」おまけの森岡先生直筆の外伝小説は2ちゃんねるネタ

amazonはまだ最新刊はなく既刊の戦旗3まで
小説星界の戦旗〈3〉家族の食卓
アニメDVD星界の紋章 VOL.1
アニメDVD星界の戦旗 VOL.1
アニメDVD星界の戦旗2 VOL.1