うぱーのお茶会

ゲーム、アニメ、漫画、ライトノベルの感想、レビュー、関連した記事で構成されております

コミック > ネギま

魔法先生ネギま!のネギが好きだった相手が今やっと作者から判明た

これだけが付属されております。『魔法先生ネギま!』と『UQ HOLDER!』をつなぐ、『ネギま!』激レアアイテム付き限定版!! 赤松 健×松岡由貴氏対談と『魔法先生ネギま!』特別映像を収録したDVDに、小冊子「メモリアルブックレット ネギmemo!」、32枚目のパクティオーカード、エヴァンジェリン布ポスター、『魔法先生ネギま!』2017年度特製卓上カレンダーの豪華5点セット付き!!

全部みれていないんだけど(特にDVDと小冊子)。小冊子の方で最終回で散々話題になったネギくんが好きだった女の子が誰だったか判明

これは貴重な作者からの発表だ。時効といっていたが最後までモヤモヤしていたからな。けっこう予想していた人が当時もいたような。自分は真っ先にこれは違う。なぜなら将来の姿があれだったからなぁと省いたのが失敗。本編のUQホルダーのコミックもちょうどネギくんと夕映、ほのかが出てますし。これは買いですぞ。最初は微妙な漫画。エヴァンジェリンが出ていたとはいえと思っていたのだけど、面白くなってきたぜ。

Amazon:

魔法先生ネギま!BOX付き UQ HOLDER!(12)限定版 (講談社キャラクターズライツ)

【最終回】魔法先生ネギま!生徒たちの近況報告でサプライズ。投げっぱなしだけど妙に気になるネギの本命

最終話読んだとき、曖昧な部分とここまで書くか!が入り交じっていて脳内が一瞬止まったあと、この意味は何だと理解するのにけっこう時間がかかって、3日過ぎた今もネギまのことばかり考えていて他の事に集中できない。時間がたつたびに考えがぼんやりと浮かんでは、変わっていく。



【過去記事】 【コミック感想】魔法先生ネギま!最終回(ネタバレなし)みんなの感想やツッコミ、解釈を読むのが楽しみ



<雑誌最終回ネタバレにつき注意> 



ネギくんと女子クラスメート30人との恋愛関係は曖昧のままにするのは確定だったのが、好感度上位5人位のフラグをへし折って、低そうなのも4人位無くしたのが驚いた。考察はしても絶対に無理だけど、何とかして自分の中で納得のいくネギくんの本命を知りたい。そして今誰かと付き合っているのかどうか。



ちょっと前の掲載分の話で130年過ぎたことがあったり、前号が7年後でもう時空を超えてるので、もう何も驚かないと思ったらこんなサプライズが! 何これ?と漫画の文章を読みながらビックリした。



肉体と精神を乗っ取られたラスボスの位置にあるネギの父ナギが、最終回で突然に元通りになっていた。仲間たちと会話して、ネギともクラスメートの仲間のことを紹介したいと普通に話している。この話の流れ、伏線色々ぶん投げすぎだw 不満を通り越してギャグだよなと苦笑した。ネギくんいわく30人のクラスメート達と協力し(他の関係者もたくさん関わったようだが)、父ナギを救ったという。この話読みたいがなっ! 



30人の女子中学生、クラスメート達の7年後(更に数年後か…)の近況をひとりひとり文章で説明するものは、ある種の異常さ。キャラの近況を読んで、いろいろな感情がわいてきました。打ち切りになった武士沢レシーブの年表もありましたがギャグでやってない。どちらかというとファイブスターストーリーズの1巻からある物語の年表みたいな作者の考えぬいたものに近い。最初にやるか、最終回でやるかとか色々大きな違いがありますが… 



この娘は将来(中学時代から7年後+αだから24歳ぐらい?)は職業や近況はそうなっているのかと納得したり、ビックリする内容で箇条書きされてる。あいまいにせず妙に結果(主にネギとの恋愛的なものに影響する)を書いちゃっていたり、明らかにボヤかして書かれている部分もあって、この基準のわからなさ。悪い意味では読書の想像力を奪うやり方でもあるのだが。でも面白いと思ったスパイスみたいなもの。 少し前までの掲載話でネギくんとの恋愛的な結末を、わざわざ全員曖昧のままにする方向性だと思ったら… 冒頭の文章に繋がります。つまり好感度上位の女子たちの恋愛フラグを折ったぁー



何か頭にひっかかるのは父親のことはどうでもよくなって(麻痺してる)、ネギくんの本命相手がいたのは最近までやっていた掲載で確実(本人供述)で、明日菜が聞いて驚いて「考えれば1周まわって似たもの同士かも」「告白しなよ」などヒントが出る。



明日菜はずっと最近まで魔法世界編になるまでは、ネギくんとくっつくんだろうと思っていた。理由は全体の序盤からずっと大事なエピソードではネギくんと絡んでたし。メインで登場してはお互い本音をぶつけていたから。でもネギくんの本命は明日菜じゃないのは、上の3話ぐらい前の台詞、リアクションからして確実にない。



最終回の晴空の7年後(+α)の近況報告で

春日美空 彼女がかつて少年に出した宿題は彼女たちの高校の卒業式の日に果たされた 春日美空の反応は「‥‥‥マジでッ!?いやっ‥うーん‥‥面白いから許すッ!」


春空がネギくんに「相手が告白してきたからには、ちゃんと返事しないといけないよ。自分の好意がある人にはちゃんと伝えないといけないよ」(かなり曖昧なうろ覚えな台詞)=『宿題』ってなことを言っていたな。



中学時代(基準の舞台)には『のどか』と夕映が告白している事実があって、上の引用からネギくんが3年後の教え子の高校卒業式で、誰かに告白してる。そして4年後(基準から7年後)、ネギくんがフラれたのか、両思いになったのははっきりとせず(重要)



最終回で7年後、クラスメートたちの2名が結婚していたり、何人かネギくん以外の人つき合っている事が明らかにされる。



本命と思われた のどかと夕映は初恋が敗れたと、ネギくんへ告白したのにフラれてしまった。いろいろ思うところがあるのだけど、ふっきれたようでなにより。先に書いたように明日菜の選択肢は無かったから、けっこうビックリした結末ですが。



刹那とこのかは女性同士だけど結婚したんだなーと思わせる「同じ年に結婚した」で済ませる。ボヤカシさ。ある人が「お互いネギくん以外の別の人とそれぞれ結婚したんだなー」と書いていて、その発想は無かった…と我ながら混乱してるわw 作中でふたりイチャイチャしまくっていたからな。同性同士はおかしいだろ!を回避できるし、百合っぷりに納得する読者で分けるうまいやり方だと思ったり。あと、どっちかとネギくんと結婚したオチもあるなぁと自分で気がついたらビックリしたんですが。文字による叙述トリックみたいな。 



ネット廃人になった千雨も最初、ネギくんとくっついたらそんな事にはならないだろうと思っていたんですけど、ネギの顧問としてアドバイスしているようだし付き合っている可能性がないわけじゃない。



何か30人のクラスメートの近況報告の文章に、当然と思われた結果をひっくり返す、西尾維新や竜騎士07とかよくやる何か引っ掛けのようなものを感じてきましたぞ。疑心暗鬼になってきた。本命の人と、7年後の付き合っているかもしれない元教え子か。同じであるかもしれないし、別かもしれない。いったい誰なんだ?



考えるとおかしくなってくるから、話の流れをチェンジ。



最終回まであと3話という発表の時点で、ほぼ納得いくのは無理でしょという諦め感。最終話直前の7年後の夕映の個人回で今やる話じゃないだろとツッコんだり、どう繋げるのかと思ったがこう来たか。かなりの人が不満言うのが当然目に見えているのに、作者のこの決断は勇気があるな!思考回路がよくわからんなw 作者の赤松健、アシスタント、手紙やネットの声やアンケート評価、売れゆきデータ、初期の頃のブロガーを集めた公式オフ会。作者が描きたいものがあると言うよりは、練って検討して進んだ結果と思われるのがコレだよ!いろいろ投げっぱなし、各自考察してねという内容。



他人の不満点に納得するんだけども、感情論抜きにすると、何となくまとまっていた気もする不思議感が。最終回はネタバレなし感想でも書いたように個人的にはかなり面白い。作者のコメント(巻末やらツイッター、日記)や最近まで単行本の売り上げの程度から、どう考えても作者都合の終了。編集部からの打ち切りじゃないのは確かでしょう。どうしてここで最終回にしようとしたのか作者の考えが知りたい。



他人のブログやサイトのネギま最終回の感想巡り全然していないことに気がついた。土日とか時間のある時に回るかな。なんか二日間ずっと寝ていそうな予感がするのですが… 寝不足です。 他人の感想聞いたら、絶対に別の感想がいろいろ浮かんできて自分のネギまの感じ方が変化するのは明白。考察地獄に入り込みそうで怖い。 



アニメの消化もあるし、ゲームもしたいし。コミック、ラノベも読みたい。でも何かやろうとすると、3日間過ぎているのですが、モヤモヤとネギまのいろいろな事を頭に浮かぶので、他のことが疎かになって集中できない精神状態。まいった。この強力な呪いから覚めさせて欲しい。この記事を書いたから解除されるかな?(笑)



Amazon:魔法世界から戻ってきたちょうどいいタイミング。最終巻の前の単行本。2月に発売された

魔法先生ネギま!(37) (講談社コミックス)
4063846261

【コミック感想】魔法先生ネギま!最終回(ネタバレなし)みんなの感想やツッコミ、解釈を読むのが楽しみ

ネギま終わりましたね… 今日1日中少し脳に余裕があると、いろいろな思いが浮かんできます。最終回を読んで一日のうちに暇があれば、あれはどう解釈したのか、ツッコミやら妄想で一杯になる。ハイというか幸せだな。それが終わるのも寂しい気がするのはまだまだ先ですね。最近ずっとプライベートでブルーだったのが、それが無くなるテンション。9年間の週刊での連載の終了ですからね。



この記事はネタバレなしな方向の感想ですが

追記)ネタバレ全開の感想はこちら

【最終回】魔法先生ネギま!生徒たちの近況報告でサプライズ。投げっぱなしだけど妙に気になるネギの本命



タイトル通り、ネギまの最終回のみんなの感想を読むのが楽しみです。先週あたりの週刊アスキーの巻末のコラム(岡田斗司夫 著) 知らない作品を詳しい人にあらすじを語らせて聞くのが面白いという話を思い出す。その応用というか、自分はネギまを知っているけど、個別の解釈が自分と同じや、まったく違う感想があって面白いわ。



最終回はどういろいろツッコんでいいやら(笑) あと3回で終了って聞いた時から伏線やら問題の回収は無理だから、どこをスルーしてどこを描くのに注目していた。最終回含めた直前の数話は、自分にとって最高のエンターテイメントでしたね。投げっぱなしとか放置プレイ、前の話の出来事を発展させて、結果だけを文章で書かれた箇条書きを読んだときのインパクトとか。自分の性格で、物語は辻褄があってなくても刺激があれば良いという感覚だからなぁ。



メディアミックス(TVアニメ、CD、カードなどのグッズ、ゲーム、ドラマ実写化、単行本DVD、他の作者によるコミック、劇場版アニメ) だいたい個人的には内容的に失敗してる。ハッピーマテリアルという曲と、ゲームのPS2の1と2期が成功かな。アニメの1期の微妙さには絶望した。当時はビックリしたヒロイン火葬エンドとか。多少なりとも漫画にも影響されてるだろうな。作者のスケジュールや物語の流れとか些細かもしれないけど、でもアニメ劇場版はこんな終盤の引っ張りの最大の負の部分だと思う。作者が原案だしているし。



熱中していたのが、漫画家 赤松健センセーの「ラブひな」が終わってクラスメートの煽りと生徒名簿の冒頭で引きこまれ、3巻のエヴァ&茶々丸の戦いで一気に惹かれて修学旅行〜学園祭でピーク、雑誌で読んでいたけど魔法世界編ですでに惰性で読んでいたスタンス。



最終回あたりで、30人の女子のクラスメイトとネギくんの学園ラブコメの初期〜中期と、途中からのバトル展開(少年の成長、魔法世界を救う)無理やり融合させようとしたミスマッチ具合。悪魔合体の結果がこれだ! 風呂敷を広げすぎて、最終回含めた数話では無理。作者から考察してね…だけど妙に明らかにしたのとボヤかした部分で、物凄い変というかw 最終回で、ある意味おもしろいものになっている。多数の不満の声や戸惑が周りから出るのは当たり前だw 作者から打ち切りみたいな事を提案したのはありありなんですけど、ソフトランディングできなかったのですかね? 作者的にもっと誤魔化しようが出来ると思うのですけど。まぁ話題になってるからありなのかな。



TV版エヴァンゲリオン最終話と前の回的な、自分の中では人生で数えられる凄いインパクトはあるのですが、1日ぼんやりして本気で3時間ぐらいパソコンに睨み続けても、文章に自分では今はできない。人に伝えられない難しさ。褒めるよりもツッコミする方が楽なんだけど頭の中でクラッシュする。面白さを伝える能力の無さに絶望した。



Amazon:魔法世界から戻ってきたちょうどいいタイミング。最終巻の前の単行本。2月に発売された

魔法先生ネギま!(37) (講談社コミックス)
4063846261

【コミック】魔法先生ネギま! 296時間目 序盤から中盤までの物語の否定および卒業するべきものとしての描き方

今週の週刊少年マガジン連載の魔法先生ネギま! 296時間目(ネタバレにつき注意)



こう来たか。何か初期の頃の懐かしい雰囲気が。ある人物によってパラレル世界(本来は学園生活であっただろう一般生活)に戻ってきた。しかも台詞内で、中盤までのネギまの学園編が、心地よくぬるい世界と言及している。現在は面影が無くなった途中までの学園ラブコメ+ちょっぴりバトルの物語を否定するような感じでメタっぽくて面白かった。



エヴァンゲリオンのTV版最終話 第弐拾六話「世界の中心でアイを叫んだけもの」のシンジくんの妄想世界みたいな。うる星やつら映画ビューティフルドリーマーにも連想する人もいましたな。







劇場版 涼宮ハルヒの消失 の終盤のキョンくんへの選択みたいな感じでなんか、近視感というか。あとDTB2期もそんな感じな終わり方。(エロゲとかではよくありがちらしいですけど。そこら辺はフリーダムさがいい。昔聞いたエロ漫画もエロさえ描けば後は何でもやってありみただという実験作が多いという。エロゲも同じくHなシーンがあれば、あとはもう何でもありな作品が多々あるらしく<最近うといもんで マブラブオルタネイティブがそうだった。世界滅亡。パラレルワールドの移動。戦場としての大いなる敵への絶望感など。別の意味での18禁だろとw 一般向けPC版もあるのでオススメ)



(最近のネギまをよく知らない方へ)

今の魔法先生ネギま!は、タイトルの先生がどっかに言っちゃって完全にファンタジー魔法格闘バトル漫画になっています。魔法戦士ネギま!がふさわしい。女生徒がやたら多い学園ものとか初期の頃の面影はすでにない。 滅びいく世界を救う、捕らわれたお姫様を救うみたいなファンタジーRPGみたいな展開がここ数年に渡って繰り広げられております。



閑話休題。



今のファンタジーバトル王道がアンケートでは取れる! ネギまの中盤ぐらいまでの学園モノにはもう引き返せない。過去の女性中心のハーレム系ラブコメ学園モノは卒業するべきものとしての描き方に何か興味深かったです。



この回でアンケートがべらぼうに良くて、今までの魔法世界編はなかったことになって、2年以上くらいネギまの1巻から25巻ぐらいまで(学園祭あたり)のフルリメイクとして連載し続けたら、漫画界の個人的な歴史になるんだけどな(まずないw) かなり面白いものになりそう。 ずっとネギくんが違和感もちながら、学園ラブコメ+プチバトルを繰り広げる物語。 こんな風に急遽路線変更したら単行本は5冊ぐらいは買うな(・∀・)



まぁ雑誌売り上げ的に、ジャンプのバトルものが多数>>サンデーの学園もの、恋愛中心 という現実から行けば、いまのネギまは魔法先生というタイトルをスルーして、いまの王道バトルファンタジーの方がファンの受けが良い。→ 雑誌のアンケートがとれる。 このままファンタジーRPG展開を続けるんだろうけど。



作者の赤松先生は良くも悪くも、自分の描きたいものよりは、多くの読者が求めるものを優先するのが今までのインタビューやら日記で明白だし。 創造者、創作者というより、大手ゲーム会社のクリエイターorアニメ監督、プロデューサ的(なんて表現していいのだろ)な感じですから。



過去の名作をリスペクトしてきたアニメの庵野監督っぽさ。過去の最近の売れ筋のコミックやゲーム、アニメの良いところどりをして漫画を描いてきた赤松健らしさではあるのですが。



とにかく今週のマガジンの魔法先生ネギま!はメタ的な点から面白かった。すぐにこの妄想世界が、当麻「そのふざけた幻想をぶち壊す」という展開になるのだろうけど、もうちとぬるい学園ラブコメをもうちょっと長く読んでみたいような…… 



バトルものはワンピース、ハンター×ハンターやら鋼の錬金術師という偉大な作品があるので、どうもネギまの王道ファンタジーバトルものはまぁまぁ好きではあるのだけども、死人がでないとかいろいろ緊迫感が薄いので、面白いのだけど、ワクワク感というかコレはぜひ読むべきっていうか、目新しさはわかないんだよな。それのどこが悪い!っていう意見もあるとしりつつ、昔の個性的だったもの(なにかのオマージュであるとしても)が欠けてしまったというか… まぁ長期連載であり人気作という立場的につきものといえばそうなんですが。



関連サイト:今週の画像付きのネタバレサイトにつき,両者とも未読者には注意 って自分が上で散々バレにしてるけど(・∀・) もっと詳細で、具体的に書いてある

いけさんフロムFR・NEO RE 魔法先生ネギま! 296時間目 懐かしき日々



[大炎上 | 魔法先生ネギま! 296時間目 何かがおかしい平和な日常](http://beatarai.blog90.fc2.com/blog-entry-1876.html "大炎上 | 魔法先生ネギま! 296時間目 何かがおかしい平和な日常")



Amazon:

マブラヴ オルタネイティヴ(全年齢版)
B000GIC37O

魔法先生ネギま!の方向性「従来までの支持層からの苦情メールが増えつつあることも充分認識」

赤松健日記において次のようなものがでました。

予想通りアンケートよさそうなの当たった。でもなにか一安心な気分もします。編集部がバトルの強制をするつもりがないと明言しただけでも進歩かと。杞憂していたのは無駄に終わるかな。ソフトランディングできるといいのですが… 

赤松健日記4月14日

ちょっとどうかとも思いますが、一応いつもの分析記事。19号のアンケート結果が到着。面白5つは更に上がり、もはやネギま最盛期(2005年後半辺り?)に匹敵する勢いです。(面白1つは既にV3)

これに関して、担当編集者Aは「評価するし歓迎もするが、だからと言って今後バトルの強制をするつもりはない」とのこと。

赤松スタジオ内のバトル推進派は、「ほらね」といった表情で、「20号では更に上がるはず」と言ってのけています。



数字上では、これまで流して読んでいた層が、今結構熱心に読んでくれているであろうことは確実。しかし、従来までの支持層からの苦情メールが増えつつあることも充分認識しております。



で、私の見解ですが、

・ネギまのバトルは、これで案外コンパクトにまとまっている

・一時的にでも、広く読まれるのは良いことだ

という2点を踏まえて、ここまではまあ「良し」としたいと思います。



そして、今後は元の感じに戻していくのが安全な気がしています。ここまで上がれば、バトルが無くなっても急に落ちることもないだろうし。昇龍拳だけ連発しないで、波動拳による牽制も使っていく感じでしょうか。



よく訊かれる「赤松自身はどっちが描きたいのか」という問いには、「私はどちらも大好きなので、どっちを描くことになっても満足」と答えたいと思います。

・・・というのは建前で、描いてて楽しいのは「ラブコメ」。(笑)

描いてて身も心も楽なのは「バトル」です。(どちらも「楽」の字ですね)


先生の考えもふれていてよかったと思います。バトルは書いていて楽だというのは過去の日記にも書いてあったし、楽しいのはラブコメというのも何となく過去の作品から想像できますしねw スタッフのバトル支持派のアンケートが20号で更によくなるというのは正解だと思いますよ。盛り上がって面白かったからなぁ。



よってまだまだ安心はできません。なぜなら萌え系つまりはクラスメート編などを含めたバトル以外の要素の回でアンケートが非常に悪かったらやはりバトル編だけでということになってしまいますから。いまの現状に不満のある方は非バトル編でアンケートを出しましょう。今後のネギまの方向性には興味を持って読んでいきたいと思います。



過去記事:うぱーのお茶会 | 魔法先生ネギま!が普通のバトル漫画になっていることへの憂鬱



関連記事;

赤松健、ネギま!のアンケートV3を冷静に分析「今後は元の感じに戻していくのが安全」 猫とネギま!と声優さん



予約開始。

「DVD付き初回限定版『魔法先生ネギま! 27巻』: 赤松健」

「DVD付き初回限定版『魔法先生ネギま! 28巻』: 赤松健」


魔法先生ネギま!の方向性「従来までの支持層からの苦情メールが増えつつあることも充分認識」

赤松健日記において次のようなものがでました。

予想通りアンケートよさそうなの当たった。でもなにか一安心な気分もします。編集部がバトルの強制をするつもりがないと明言しただけでも進歩かと。杞憂していたのは無駄に終わるかな。ソフトランディングできるといいのですが… 

赤松健日記4月14日

ちょっとどうかとも思いますが、一応いつもの分析記事。19号のアンケート結果が到着。面白5つは更に上がり、もはやネギま最盛期(2005年後半辺り?)に匹敵する勢いです。(面白1つは既にV3)

これに関して、担当編集者Aは「評価するし歓迎もするが、だからと言って今後バトルの強制をするつもりはない」とのこと。

赤松スタジオ内のバトル推進派は、「ほらね」といった表情で、「20号では更に上がるはず」と言ってのけています。



数字上では、これまで流して読んでいた層が、今結構熱心に読んでくれているであろうことは確実。しかし、従来までの支持層からの苦情メールが増えつつあることも充分認識しております。



で、私の見解ですが、

・ネギまのバトルは、これで案外コンパクトにまとまっている

・一時的にでも、広く読まれるのは良いことだ

という2点を踏まえて、ここまではまあ「良し」としたいと思います。



そして、今後は元の感じに戻していくのが安全な気がしています。ここまで上がれば、バトルが無くなっても急に落ちることもないだろうし。昇龍拳だけ連発しないで、波動拳による牽制も使っていく感じでしょうか。



よく訊かれる「赤松自身はどっちが描きたいのか」という問いには、「私はどちらも大好きなので、どっちを描くことになっても満足」と答えたいと思います。

・・・というのは建前で、描いてて楽しいのは「ラブコメ」。(笑)

描いてて身も心も楽なのは「バトル」です。(どちらも「楽」の字ですね)


先生の考えもふれていてよかったと思います。バトルは書いていて楽だというのは過去の日記にも書いてあったし、楽しいのはラブコメというのも何となく過去の作品から想像できますしねw スタッフのバトル支持派のアンケートが20号で更によくなるというのは正解だと思いますよ。盛り上がって面白かったからなぁ。



よってまだまだ安心はできません。なぜなら萌え系つまりはクラスメート編などを含めたバトル以外の要素の回でアンケートが非常に悪かったらやはりバトル編だけでということになってしまいますから。いまの現状に不満のある方は非バトル編でアンケートを出しましょう。今後のネギまの方向性には興味を持って読んでいきたいと思います。



過去記事:うぱーのお茶会 | 魔法先生ネギま!が普通のバトル漫画になっていることへの憂鬱



関連記事;

赤松健、ネギま!のアンケートV3を冷静に分析「今後は元の感じに戻していくのが安全」 猫とネギま!と声優さん



予約開始。

「DVD付き初回限定版『魔法先生ネギま! 27巻』: 赤松健」

「DVD付き初回限定版『魔法先生ネギま! 28巻』: 赤松健」


魔法先生ネギま!が普通のバトル漫画になっていることへの憂鬱

今週の週刊少年マガジン掲載のネギまを読む。

まずい… ラカン戦の決着がついたのはいいんだけど、面白くてアンケートが絶対に上位にきてしまいそう。それぐらい燃えるバトルでしたし、爽やかな終わり方を迎えた。面白くて良かったんだけど、このままだとバトル路線だけで行く気配が…。編集部も赤松先生もこの路線を維持する方向へと進むはず。萌え?クラスメート編?なにそれ?食えるの?って感じだ。



燃えと萌えがあってこそのネギま! 両輪が回らないとチカラを十分に発揮しないんだよ! 赤松先生のパワーはまだまだこんなものじゃないはず。というか高速ストレートばかり投げて、切れ味するどいスライダーを投げないピッチャーのようだ。



女性陣と一緒に行動した過去のような図書館島の探索とか、修学旅行、学園祭があったように、なにげない日常とかもたまにはみたいです。日本に取り残されたクラスメート達の存在が空気になって悲しい。まだまだフェイト戦とかあるだろうし当分魔法世界で殺伐としたバトル戦は続きそうだ。この調子で魔法世界でずっと戦い続けましょう先生!というアンケートが大量に来そうで怖い。「ただのバトル漫画に興味はありません。 この中に萌え展開、なごみ系、恋愛要素、クラスメート編希望がいたら あたしのところに来なさい。 以上!」



つまりネギまは完全に何かジャンプのバトル漫画化しているのですが、個人的にはあまり燃えないんですよ。元々の絵のせいか、演出、構図のせいなのか、ビビっとこないんだよなぁ。バトル漫画なら他の先生の方でも楽しめるし。でもアンケートはいいみたいなので、今後もこんな調子になっていく様子。作者さんは自分の書きたいものよりも多数のアンケードを出す読者重視なので。以下の日記の通り。萌え系分を増やすようにアンケートが増えることを期待するのだった(他力本願寺) 初期〜中盤の面影がないのが残念ですわ。読者層が変わっちゃったのか。萌え重視の古参ファンはアンケート出す手間を惜しんでいるのか。どうなんでしょう?



赤松健日記より

4/10

バトル編が佳境を迎え、広く薄い支持が必要な「面白5つ」で、やはり数字が上がっています。もはや、今後バトル無しでやっていくのに不安を感じてしまうほどです。

今まで、大きな対決は大体「敵が美少女」だったじゃないですか。だからマジバトルでも意外と萌えポイントを作ることが出来たんですよ。

ところが今回は敵もアレ(笑)ですから、も〜ホントにタダのバトル漫画になってしまっていて、しかし一般層的に言うと「読むのが恥ずかしくない」漫画に図らずも近づいてしまったわけでしょうね。

この後、燃え萌えバランス調整のため美少女率を上げてみる予定ですが、数字的にはちょっと不安に駆られてしまいます。

(萌え層はこぞってアンケート出して欲しいです(^^;))


追加記事:うぱーのお茶会 | 魔法先生ネギま!の方向性「従来までの支持層からの苦情メールが増えつつあることも充分認識」

上記の疑問点は多少緩和されそうな、先生からの読者への回答らしきものが新たに提示された。まだ安心はできないだろうけど。



関連記事:

ネギま!248時間目 一人前と認められたネギは母親の情報に近づけたのか? 猫とネギま!と声優さん

似たような感想です。コメント欄もうまいこと表現している方が。



予約開始。

「DVD付き初回限定版『魔法先生ネギま! 27巻』: 赤松健」

「DVD付き初回限定版『魔法先生ネギま! 28巻』: 赤松健」


魔法先生ネギま!が普通のバトル漫画になっていることへの憂鬱

今週の週刊少年マガジン掲載のネギまを読む。

まずい… ラカン戦の決着がついたのはいいんだけど、面白くてアンケートが絶対に上位にきてしまいそう。それぐらい燃えるバトルでしたし、爽やかな終わり方を迎えた。面白くて良かったんだけど、このままだとバトル路線だけで行く気配が…。編集部も赤松先生もこの路線を維持する方向へと進むはず。萌え?クラスメート編?なにそれ?食えるの?って感じだ。



燃えと萌えがあってこそのネギま! 両輪が回らないとチカラを十分に発揮しないんだよ! 赤松先生のパワーはまだまだこんなものじゃないはず。というか高速ストレートばかり投げて、切れ味するどいスライダーを投げないピッチャーのようだ。



女性陣と一緒に行動した過去のような図書館島の探索とか、修学旅行、学園祭があったように、なにげない日常とかもたまにはみたいです。日本に取り残されたクラスメート達の存在が空気になって悲しい。まだまだフェイト戦とかあるだろうし当分魔法世界で殺伐としたバトル戦は続きそうだ。この調子で魔法世界でずっと戦い続けましょう先生!というアンケートが大量に来そうで怖い。「ただのバトル漫画に興味はありません。 この中に萌え展開、なごみ系、恋愛要素、クラスメート編希望がいたら あたしのところに来なさい。 以上!」



つまりネギまは完全に何かジャンプのバトル漫画化しているのですが、個人的にはあまり燃えないんですよ。元々の絵のせいか、演出、構図のせいなのか、ビビっとこないんだよなぁ。バトル漫画なら他の先生の方でも楽しめるし。でもアンケートはいいみたいなので、今後もこんな調子になっていく様子。作者さんは自分の書きたいものよりも多数のアンケードを出す読者重視なので。以下の日記の通り。萌え系分を増やすようにアンケートが増えることを期待するのだった(他力本願寺) 初期〜中盤の面影がないのが残念ですわ。読者層が変わっちゃったのか。萌え重視の古参ファンはアンケート出す手間を惜しんでいるのか。どうなんでしょう?



赤松健日記より

4/10

バトル編が佳境を迎え、広く薄い支持が必要な「面白5つ」で、やはり数字が上がっています。もはや、今後バトル無しでやっていくのに不安を感じてしまうほどです。

今まで、大きな対決は大体「敵が美少女」だったじゃないですか。だからマジバトルでも意外と萌えポイントを作ることが出来たんですよ。

ところが今回は敵もアレ(笑)ですから、も〜ホントにタダのバトル漫画になってしまっていて、しかし一般層的に言うと「読むのが恥ずかしくない」漫画に図らずも近づいてしまったわけでしょうね。

この後、燃え萌えバランス調整のため美少女率を上げてみる予定ですが、数字的にはちょっと不安に駆られてしまいます。

(萌え層はこぞってアンケート出して欲しいです(^^;))


追加記事:うぱーのお茶会 | 魔法先生ネギま!の方向性「従来までの支持層からの苦情メールが増えつつあることも充分認識」

上記の疑問点は多少緩和されそうな、先生からの読者への回答らしきものが新たに提示された。まだ安心はできないだろうけど。



関連記事:

ネギま!248時間目 一人前と認められたネギは母親の情報に近づけたのか? 猫とネギま!と声優さん

似たような感想です。コメント欄もうまいこと表現している方が。



予約開始。

「DVD付き初回限定版『魔法先生ネギま! 27巻』: 赤松健」

「DVD付き初回限定版『魔法先生ネギま! 28巻』: 赤松健」


魔法先生ネギま! 23巻 限定版OAD付き/アニメを観てみるオーケーイ!

ネギまアニメ化! 原作準拠だ それだけで感動。

内容は原作そのままによくて作画はふつー テレ東レベルで崩壊もないし(エロもなかったw)、静止画だと良い感じ。

動画はOVA並には動いていないな。とはいえそこそこちゃんと動いていて紙芝居ではないので満足。背景も省略して、描くところべきところはある。低予算なOVAの感じ。製作会社のシャフト、新房監督らしい作品。実写のトレス絵はなかったのはらしくないw



OPはCGでビリヤードの球がはじけてキャラがほとんど出てこないのが残念。EDもいままでの単行本の表紙イラストや表紙裏の使い回しだったりする。次巻以降に完成していけばいいのだが……。



買って損はないと思うけど、値段のわりには普通のテレビレベルをわざわざ出してみるものかねぇという葛藤もある。まぁ約3500円台の内容か。

でもちゃんとした原作に沿った1、2期、実写ドラマが黒歴史な分、これはこれでかなり感動ですよ。キャラの性格も変な改悪ないし。冒頭のネギと超のバトルに濡れた! これは原作ファンは買いか。



DVD付き初回限定版『魔法先生ネギま! 24巻』
DVD付き初回限定版『魔法先生ネギま! 24巻』

魔法先生ネギま! 23巻 限定版OAD付き/アニメを観てみるオーケーイ!

ネギまアニメ化! 原作準拠だ それだけで感動。

内容は原作そのままによくて作画はふつー テレ東レベルで崩壊もないし(エロもなかったw)、静止画だと良い感じ。

動画はOVA並には動いていないな。とはいえそこそこちゃんと動いていて紙芝居ではないので満足。背景も省略して、描くところべきところはある。低予算なOVAの感じ。製作会社のシャフト、新房監督らしい作品。実写のトレス絵はなかったのはらしくないw



OPはCGでビリヤードの球がはじけてキャラがほとんど出てこないのが残念。EDもいままでの単行本の表紙イラストや表紙裏の使い回しだったりする。次巻以降に完成していけばいいのだが……。



買って損はないと思うけど、値段のわりには普通のテレビレベルをわざわざ出してみるものかねぇという葛藤もある。まぁ約3500円台の内容か。

でもちゃんとした原作に沿った1、2期、実写ドラマが黒歴史な分、これはこれでかなり感動ですよ。キャラの性格も変な改悪ないし。冒頭のネギと超のバトルに濡れた! これは原作ファンは買いか。



DVD付き初回限定版『魔法先生ネギま! 24巻』
DVD付き初回限定版『魔法先生ネギま! 24巻』

実写版ネギま 3話/いきなり、ちうのエピソードが来た!

パンチラだけがこの作品の良いところじゃない(挨拶)



ちうの話だ。どんな順番になっているのだ?

しかもひとりにピックアップしたのがよりによって、ちう嬢。コスプレメガネ娘。ツンデレ。性格も微妙に違っている。

原作にほぼ遵守のようで、なにかが違うこの作品。観ていてつらいが実況していると何とか楽しめるw



しかし何かが足りないというか、おかしいんだよなぁ。この違和感。文章にするのが難しいのだが・・・ ちうの性格の違いが最後の方にどっと来るんですよ。過去の話もオリジナル。なんか子供の頃、泣いているシーンがこの作品の共通点なんだろうか。何かトラウマみたいなのがあって一歩前進みたいな。ところでネギくんのスネーク@メタルギアソリッドにはちょっと吹いた。どこから潜入したんだ!

【ドラマ】実写ネギま! 第2話/ブルマが脱がすネギ君GJ 脳内麻薬がでてきて楽しくなってきた

ブルマっぽいのキター

しかしみんな演技ひどいという以前に、なにこの脚本や演出! みんなネギくんのこと無視して、自由に行動しまくりの学級崩壊じゃないですか。少林サッカーのようなボールの投げあいをする始末。なにがしたいのかよくわからないw CG技術や特撮をスタッフはみせたかったのかな? ただ画面にボールが飛び交うだけ。ひでぇと思ったら、最後で「ドッヂボールのアレンジ話と委員長の弟の話をミックス」という衝撃な事実がわかるのですが……。感動させようとしても唐突すぎでちっとも心にこないぞw まぁネギくんの魔法でみんなのブルマがふっとばして、上着で下半身を隠すしぐさはエロかったね。どこのコスプレAVの撮影かと思った。パンチラもちらちらとあってサービスサービス。



カオスすぎてジワジワ腹にくるわ。

この感情はなに?(声:綾波)



OPの茶々丸のひどさに挫折しました方もおられましたけど、髪の色とかなぁ〜 ある種の苦行というのはたしかに! とはいえ茶々丸は動くとモーター音していたり、どうでもいいところで笑えてくる。これは深夜効果か! 幽霊ちゃんも動くとオドオドしい効果音するのね。無駄なところに凝ってる。でもエヴァ様は金髪じゃない黒髪で、これは酷い。外見ぜんぜんちゃうやん。ハーマイオニーを呼べ!女将。



まぁこの苦行をのりこえたら快感になりますYO! これはある種の麻薬だ!



Amazon:【コミック】魔法先生ネギま!



魔法先生ネギま! 20 (20) (少年マガジンコミックス)
魔法先生ネギま! 20 (20) (少年マガジンコミックス)

【コミック】今週のマガジン 魔法先生ネギま!/ちうが服を溶かされてエロエロ

次の合流者は、千雨(ちう)さんでした。いきなり化け物に襲われてピンチ。電気ないジャングルだと役に立たない能力だからなぁ。しかも非戦闘員。



しかしネギまという漫画上、死ぬとかはありえない! 服を溶かす液体をかけられてHな姿になるなどベタな展開をしてくれました。エロス。ネギを「先生助けて」と叫ぶシーンではヒーローもののお約束の展開。さらに恋愛フラグがたったというか、ますます惚れる方向に進んだ。このツンデレは良いツンデレ。明日菜とは違ったツンデレというか。



さて今後の展開は誰と合流するんだろうか。戦闘できるひとか、非戦闘員か。運動部の面子とは早く合流しないと死ぬひとがでそうなヤバさ。まぁ図書館部の人達も同じですが、こちらはまだバッジ(場所が特定できる)あるし、仮契約しているから何とかなるかな。 そもそもメインメンバー(読者に人気があるキャラ)をいれていつものどおり華やかにするか、マイナーなキャラの出番を増やして掘り下げるか、どう赤松センセーが考えるかな。 ゆーなやアキラあたりにスポットあてて欲しいけど。



Amazon:【コミック】魔法先生ネギま!



魔法先生ネギま! 20 (20) (少年マガジンコミックス)
魔法先生ネギま! 20 (20) (少年マガジンコミックス)

【コミック】今週のマガジン 魔法先生ネギま!/ちうが服を溶かされてエロエロ

次の合流者は、千雨(ちう)さんでした。いきなり化け物に襲われてピンチ。電気ないジャングルだと役に立たない能力だからなぁ。しかも非戦闘員。



しかしネギまという漫画上、死ぬとかはありえない! 服を溶かす液体をかけられてHな姿になるなどベタな展開をしてくれました。エロス。ネギを「先生助けて」と叫ぶシーンではヒーローもののお約束の展開。さらに恋愛フラグがたったというか、ますます惚れる方向に進んだ。このツンデレは良いツンデレ。明日菜とは違ったツンデレというか。



さて今後の展開は誰と合流するんだろうか。戦闘できるひとか、非戦闘員か。運動部の面子とは早く合流しないと死ぬひとがでそうなヤバさ。まぁ図書館部の人達も同じですが、こちらはまだバッジ(場所が特定できる)あるし、仮契約しているから何とかなるかな。 そもそもメインメンバー(読者に人気があるキャラ)をいれていつものどおり華やかにするか、マイナーなキャラの出番を増やして掘り下げるか、どう赤松センセーが考えるかな。 ゆーなやアキラあたりにスポットあてて欲しいけど。



Amazon:【コミック】魔法先生ネギま!



魔法先生ネギま! 20 (20) (少年マガジンコミックス)
魔法先生ネギま! 20 (20) (少年マガジンコミックス)

【コミック】マガジン:ネギま! サンデー:ハヤテのごとく!

ネギま!

茶々丸とネギのサバイバル。ネジを回して喘ぐ茶々丸がエロス。ロボットだがクラスメートなのだ。動力源がネジ巻きで魔力補充? 性感帯になってもいる(ぉ

嬉しそうにネギくんのネジ巻きのアクティブな行動と台詞がいっそういやらしさ倍増。うひょー 

次に回収される子は誰だ!



ハヤテのごとく!

ヒナギク必死の告白。しかしハムスターはあっけない返事すぎて笑った。悟っていたのか、どんな状況を覚悟していたんだろう。他は伏線まいて今後の展開か。



スクールランブル

歩行祭。微妙な話が続いていますが、最後に播磨と彼女の・・・ こんな時にきますか。今後のカオスっぷりが想像つかん。終わりに近づいているのはわかるけど、どうするのかこれ

【コミック】マガジン:魔法先生ネギま! サンデー:ハヤテのごとく!

ネギま:

みんなバラバラになってしまった。回収するのにどれくらいの時間がかかるんだろうか。また学園祭みたいにリアル2年とかかからないか心配になってしまった。ひきのばしみたいで最初嫌だったけど。まぁメンバーの固まり次第で面白い展開がみられるかもしれないなーと思った。このか&刹那とかありそうだけど、あえて違うメンバーでみたいな。あと非魔法バレの人達サバイバルで生きていけるんだろうか。



おこじょのカモくんいないとネギくんがいてもパクティオーできないしな。こんどはどんな仮契約がみられるのか期待なんだけど、結局誰ともしないかもしれない。アーニャとか、このかとかいるけど。無かったらもったいない! まぁともかく新鮮な組み合わせでキャラを掘り下げてくれるということなし。今回連れて来なかったメンバーは空気化してしまうのか!



☆ハヤテのごとく!:

ハムスターとヒナギクの話ひっぱるよなー いつまで観覧車乗ってんだ!と。畑センセーは焦らし魔だ。とはいえ他のキャラでは重要なことがいろいろと。ハヤテ兄貴と、元執事の姫神くんの情報がチラチラと。同じ人物とも言われているが。歳がけっこう上なのがギャップがあるかなーと。マリアさんもクン付けだしなんか違うイメージが。実際のマリアさんの歳がもっと上ならばおかしくないか(ぉぃ

とにかく来週のハムとヒナの会話がちゃんと成立というか、曖昧のままでした!とならないといいなー

今週のサンデー「ハヤテのごとく!」、マガジン「スクールランブル」「魔法先生ネギま!」

サンデー

☆ハヤテのごとく!



前話でどんな展開になるのかハラハラ(ってするのかw)、この執事であるハヤテ君はすごい手段で乗り込みました。コメディーならではの描写。深く考えるところではないw そのあとのが母にまつわる謎の描写これはいったい何? 来週が解答編とのこと(畑先生のバックステージ



マガジン

☆スクールランブル



先週はモブキャラ編で、あわれな男の子と一部のネット界(どこだそれw)でビッチと言われた女生徒の行動が物議をかもしだしましたが、今回はメイン級で忘れ去られた花井くんが登場。しかしもうすぐ春休みにはいってしまいそうだし、この物語も終わってしまいそうなんだけど生徒会決めとは。3年生編もあるのか? 作者は無いとかラジオで言っていたそうですが。烏丸の名前は出たけど姿は見せず。転校するのかしないのか。



☆魔法先生ネギま!



明日菜の特訓編。エヴァ師匠は厳しいっすねぇ。真相がどんどん明かされていくのか、単にチカラがパワーアップするのか。クラスメートはすっかり忘れ去られているけど、いつか登場するのでしょう。明日菜は好きなキャラであり、コミックを読んでも重要エピソードがポンポンと配置されていることもあり、今後が気になるお話でした。

アニメに続いて「魔法先生ネギま!」実写ドラマ化が出演者のブログにて公開(のちに削除)

元のブログ(キャッシュ)では無くなっているようですが。



痛いニュース(ノ∀`):「魔法先生ネギま!」が実写ドラマ化…出演者がブログで暴露



ええー ネギまを実写化するとは! むちゃするなぁ。できるのか。やっちゃうのか?



31人の現役中学生の女優で固めるとかはできないだろうなぁ。それにネギ先生は10歳の男の子使うのか。イギリス紳士!どうすんの!  エヴァとか茶々丸もどう選ぶのか。本物のハーマイオニー(しかも映画1作目の頃の)つれてこんと! チャチャゼロやカモくんはドールか縫いぐるみか?CG?



黒歴史化しそうだけど、これはある意味興味深いですよ。怖い物みたさというか。魔法の表現とかバトルはCGの演出でやるのかなぁ。あとパンチラやくしゃみで服が破けるなどのお色気関係をどうするんでしょうね。カットされそうですがw 修学旅行編の刹那によるネギくんへの露天風呂のチンコ握りもないか!? 女子クラスメート達にネギくんが裸に剥かれるのはOKなのかしりたい。



どこまでストーリーは進めるのだろうか。原作順守ならエヴァ様とのバトルぐらいか。修学旅行ぐらいも観てみたいぞ。おそろしや〜



ありえねぇ〜 本当なのか ゴクリ。続報を待て。

今週のスクールランブルとネギま

スクールランブル…八雲の心のうちが見えた。そこから一歩踏み出すのか、とどまって引くのか。沢近も友情と恋愛で、友をまずは選んで現状維持か。どう転ぶのか分からないなか、影の主人公 烏丸が出てこないことには話が進まない!



ネギま…前回の一学期編完結と煽りにのせられたが、ふつうに一区切りで1週間のお休みだけだって。内容もシリアスそうな展開、大事な選択を迫られるシーンになるとみせかけて釣られた!w



本文の内容は、明日菜のとまどう姿がいいのと、やっぱり第三者に見られてるのもありの、わいわいと楽しい日常のお話をさらっとやりました。読んでいて楽しい。

夏休みでクラスメート編いろいろイベントこなしたりして、本編になりそうなウェールズに戻るのは後半か。

魔法先生ネギま! 次回にて第一部(一学期編)完結

えーここで一区切りつけますか! そろそろ一学期が終わるのは分かってはいたが、第一部完にしますか。第二部はすぐに始まるのか? それとも間に長期の休載はさむのかなぁ? さらに第二部って、ただの二学期なのか夏休みの間の話をはさむのか。



というわけで一部、内容ネタバレ



(画像付き)

アニメ・声優ニュースblog★〜萌魂ッ〜★:魔法先生ネギま! 2007年、14号のマガジンで第1部完結



これを見ると、むむむ
続きを読む

今週のネギま!

先週に引き続いてのクラスメート編。誰かひとりをピックアップじゃなくてほぼ全員に近い生徒が登場。懺悔しまくり。



ネギくんをめぐって恋の三角関係には平気そうだった本屋が多少の迷いを生じたようですよ。しかし解決法がエロス。どんなエロゲーだとw 本屋のかなりの妄想爆発っぷりに乾杯。

今週のネギま!

クラスメート編 意外ちゃあ意外な人が。いろいろキャラでてきたので彼女中心じゃなかったけどw ところでやっと名簿に新しい文字追加ですYO! けっこう楽しみにしていたのに途中から書き加えられなくて残念に思っていたので喜びもなおさら



作者;赤松健日記帳1/30

久々に、3−Aのクラス名簿に書き込みがあったので、単行本の巻末名簿を変更しないと(^^;)。最初は、クラスメート編をやるたびに、名簿のコメントが追加されていく設定だったんだけど、途中で飽きちゃったんですよね。


途中で飽きちゃったってセンセー!(笑)

思わずツッコミしちゃいましたよ。

【コミック】魔法先生ネギま! 15巻/エヴァンジェリンのセミヌードも登場。エロス!

ネギま成分は、バトル系と萌え系のふたつの要素で成り立っていると言っても過言ではないのですが(ホントのところ他の要素もいろいろ言及できそうですが略…) 



【コミック】魔法先生ネギま! (15)/赤松健
Amazon:【コミック】魔法先生ネギま! (15)/赤松健

Amazon:魔法先生ネギま! 1〜15巻



この回はふたつのうち、やや萌え系の要素の方が強いかな。襲ってくるのも恐竜の一瞬と、エヴァ師匠との手合わせ、超とのバトルだけですし。いや陰謀…今後の伏線やらをいろいろ詰め込んだ準備編と言えましょうか。超への対応もしかり、アスナの過去もあやふやなまま具体的な話はなかったですし。



ネギま15巻アスナ

アスナ告白編からはじまって、超さんの陰謀編へと繋がるストーリー。髪をおろしたアスナは可愛いなぁ。



タカミチの髭をライターで火だるまにしたのはワラタ こうアスナの初々しい姿もいいもんですな。初期の頃のツンツンした姿からはすっかり丸くはなりましたが、この照れのはいった状態はまた新鮮。



そして暴走したロボット・ティラノザウルスを剣で斬る姿は、かわいらしく凛々しい。



彼女の幼い頃の秘話はまた先送りになってしまったけど、何が明かされるのであろう。



そして、あやか委員長の株がこれに関連して更に上昇。さすが幼いときからのアスナの親友。






仮契約したメンバーも増えて、パーティーも充実になった。その分、ネギくんのオコジョ化70%ですが……。ってもうバレバレになりかかっているのにオコジョにはならなくていい黙認の法則!! そのかわり超の世界規模におよぶ巨大な陰謀のせいで、ネギくんはオコジョの刑になりそうな展開ですが。



エヴァンジェリンのセミヌードも登場。エロス!!

エヴァンジェリンのセミヌード



さらにネギくんを襲うエヴァ。どうなるネギの貞操w

エヴァ×ネギ



ほかにはクラスメート達主催のパーティーが楽しかったな。



バトルもちょこっとあるんじゃよ。次巻は派手なバトルが観られるか!

超とネギのバトル

超とネギの戦い。超は何かしらの秘められた戦い方をしているようですが。



もうちょっと具体的なネタバレ
続きを読む

【コミック】魔法先生ネギま! 15巻/エヴァンジェリンのセミヌードも登場。エロス!

ネギま成分は、バトル系と萌え系のふたつの要素で成り立っていると言っても過言ではないのですが(ホントのところ他の要素もいろいろ言及できそうですが略…) 



【コミック】魔法先生ネギま! (15)/赤松健
Amazon:【コミック】魔法先生ネギま! (15)/赤松健

Amazon:魔法先生ネギま! 1〜15巻



この回はふたつのうち、やや萌え系の要素の方が強いかな。襲ってくるのも恐竜の一瞬と、エヴァ師匠との手合わせ、超とのバトルだけですし。いや陰謀…今後の伏線やらをいろいろ詰め込んだ準備編と言えましょうか。超への対応もしかり、アスナの過去もあやふやなまま具体的な話はなかったですし。



ネギま15巻アスナ

アスナ告白編からはじまって、超さんの陰謀編へと繋がるストーリー。髪をおろしたアスナは可愛いなぁ。



タカミチの髭をライターで火だるまにしたのはワラタ こうアスナの初々しい姿もいいもんですな。初期の頃のツンツンした姿からはすっかり丸くはなりましたが、この照れのはいった状態はまた新鮮。



そして暴走したロボット・ティラノザウルスを剣で斬る姿は、かわいらしく凛々しい。



彼女の幼い頃の秘話はまた先送りになってしまったけど、何が明かされるのであろう。



そして、あやか委員長の株がこれに関連して更に上昇。さすが幼いときからのアスナの親友。






仮契約したメンバーも増えて、パーティーも充実になった。その分、ネギくんのオコジョ化70%ですが……。ってもうバレバレになりかかっているのにオコジョにはならなくていい黙認の法則!! そのかわり超の世界規模におよぶ巨大な陰謀のせいで、ネギくんはオコジョの刑になりそうな展開ですが。



エヴァンジェリンのセミヌードも登場。エロス!!

エヴァンジェリンのセミヌード



さらにネギくんを襲うエヴァ。どうなるネギの貞操w

エヴァ×ネギ



ほかにはクラスメート達主催のパーティーが楽しかったな。



バトルもちょこっとあるんじゃよ。次巻は派手なバトルが観られるか!

超とネギのバトル

超とネギの戦い。超は何かしらの秘められた戦い方をしているようですが。



もうちょっと具体的なネタバレ
続きを読む

週刊少年マガジン26号 久米田センセーの絶望的な日本代表と、「ネギま!」エヴァンジェリンとネギの絡みはエロかった

今週のマガジンのサッカー応援、日本代表マンガの久米田先生の4コマは笑った。ネガティブで現実味をおびた展開。サントスが後ろをとられ、中澤が吊り出されたところでセンタリング、宮本がヘディングに競り負けてオーストラリアに点をいれられるといったような漫画。フツーかけませんよ。応援漫画で! さすが久米田師匠。絶望した!



それはおいといて

今週のネギまはエロかった。エヴァンジェリンの大人バージョンの姿といいエロス全開でした。

作者 赤松健日記帳5/28でも

先週出た136話目がマニア向けの設定話で、137話目が萌え&エロ層向け


このように言及するほど前号のパルの裸エプロン姿もエロスを感じさせましたが、今回はさらにパワーアップ。

エヴァ通常バージョンの後ろ姿の裸体もエロかったけれども、大浴場のエヴァとネギくんの裸体の絡み合った構図はエロすぎだー! 大人バージョンに変身(というか元の姿に戻った)彼女が胸をネギくんの右腕の手の平側にあててんのよ!状態で押し当て、右肩近くの傷跡の血を舐めている姿はエロい。



ネギの目をつぶった昇天まぎわの仰向け大の字状態もショタファンには涎ものの構図でしょうか。エヴァの長い髪の毛がネギの股間を隠すポーズも絶妙といった感じ。血をペロペロ舐める行為もなにやらの隠喩といいますしねぇ。ネギまの中で一番の萌えはネギくんという説も頷けますよw しかもエヴァンジェリンの大人バージョンはエロいな。



Amazon:魔法先生ネギま

今週のマガジン13号「魔法先生ネギま!」恋の三角関係勃発!

今週3月1日発売の週刊少年マガジン連載の魔法先生ネギま!は、ついにあのアニメ最終話の2つ前「第24話」の最後に盛り上げに盛り上げた恋愛3角関係の状態が発覚。アニメの方はそのままスルーというか、投げっぱなしジャーマンの拍子抜けというか「期待したのをかえせスタッフ!」という嘆かわしい結果になりました。まさにダニメ(´・ω・`)



こちらのコミックの方は何やら先週号からどうなるのかハラハラどきどきワールドですね。夏目漱石の「こころ」かぁ。国語の授業でやりました。懐かしい。面白そうなので小説も購入したのですが、結末はわかるけど内容さっぱり忘れてしまっていたなぁ。



今週号の終わり方のアレから次回はどうなってしまうのでしょうか? ネギくんを中心としたドロドロ恋愛事情にはならないカラッとした結果になるかなぁと思います。

まさか北崎拓「たとえばこんなラヴソング」とか、まつもと泉「きまぐれオレンジ☆ロード」、あだち充「みゆき」みたいな多少、後味の悪い結末にはならないだろうw



某女史ともども仮契約しそうだし∩(・ω・)∩  何の能力を得るのかも見逃せません。来週が待ち遠しい。



Amazon:【コミック】魔法先生ネギま!

【コミック】ネギま1巻:バケツで双子と巫山戯る美空の謎が解けた!

過去ログ2005/10/26分復旧。改訂版

05年の8月中旬から現在の06年1月中旬までの人気ページランキング 第13位。



それは魔法先生ネギま!同人誌エーミッタミムに寄稿するテキストを書くために、単行本1巻を読み返していた夜のことでした。

Amazon:魔法先生ネギま 関連本



ネギ先生が就任して担当するクラスへ行く際の教室のシーン

ネギくんが担当するクラスメートの風景



見にくいですが右下のあるコマを拡大したのが下のイラスト。双子姉妹の横にいる人物はクラス名簿から『春日美空』というキャラでした。鳴滝の双子姉妹と一緒に、おちゃらけたポーズを取っているお笑い要員なんだろうと、その時は思いました。

ひょうきんな姿の美空さん



ところがしばらく巻数が増えてストーリーが進んでも、この『美空』というキャラはザジと並んでもっとも影の薄く、印象があまりない生徒です。プロフィールなどからは陸上部で足が速いのが取り柄らしいんですけど。このコマだけ何故か引っかかりつつ、最近まで過ごしてきたのです。 Fateでいえば桜以下、ToHeart2では草壁さん以下、マリみてだと桂さんと同じポジションです。(2005/10/26時点では…) 



なのにお笑い要員にはちっともなりません。どちらかというと真面目っぽい方だと個人的には感じました。



その事はすっぱり忘れて、ネギま同人のテキストは終わらせました。後は原稿を送って校正してもらう手順です。修正前のテキストはこんな感じです。(※同人誌のテキストには画像は無し)

タイトル:『ネギまをゲーム化してみた』(著)ういろう

<<一部抜粋>>

★4.ネギ先生はじめての授業



ネギ先生は学園長室から担当の教室の前までやってきました。ここでプレイヤーはネギ視点から第三者のクラスメート(双子か桜子でも良し)になり、ネギ先生をトラップにかけよう。



イメージはゲームソフト「影牢〜刻命館」から流用し、入り口のドアに挟んだ黒板消しやタライが落ちてきたり、水の入ったバケツ、濡れた雑巾、ゴム矢、ロープなどあらゆるトラップを仕掛けて獲物を罠にかけよう。どれくらい引っかかるか得点を競いあう。



エロい要素…ネギがぶっ倒れて、(以下略


これは単行本1巻に収録されている新人教師ネギくんが生徒達から手荒い歓迎をうけるシーンからアイデアが浮かびました。

黒板消しトラップを止めるネギくん

ネギくんは教室のドアを開いたとたん黒板消しトラップにかかりそうになり、魔法で一度止めて、あわてて解除して一般人を装う場面です。



さらに強烈なトラップが待ちかまえてました……

その後のネギくん、床すれすれのロープに引っかかり、バケツを頭から被って、ゴム矢が飛んできて当てられるわ、大変なことになってますw

トラップにかかりまくるネギくん



それが普通の大学出たての青年かと思ったら、子供だったので慌ててかけよるクラスメート達。

バケツかぶった先生にとりかこむ生徒達



椎名桜子ネギ先生の真正面でバケツを持ち上げた桜子がいました。双子の片割れもいます。そこで先程のテキスト原稿では『ここでプレイヤーはネギ視点から第三者のクラスメート(双子か桜子でも良し)になり、ネギ先生をトラップにかけよう。』

こんな風になりました。


原稿を送ると、校正の際のチェックがやってきました。要約すると
『桜子』ではなくて『美空』の間違いでは?


ういろう「なんでー?」みたいなw 適当に書いたので、どうしてか?と尋ねられても上記の理由だったりと、自分でもよくわかりません(ぉぃ

質問を返してみると

その前のページでバケツをしかける双子と美空がいるので


ひょうきんな姿の美空さん

え、え〜〜  長年の謎が解けた!美空と鳴滝姉妹がトラップ仕掛けているシーンか。なるほど(`・ω・´)シャキーン



その間にしずな先生との会話や、インパクトある31人のクラス名簿(2ページにわたる見開き)、その間に5ページもあったら忘れるというか気が付かないって(・∀・)



更にこんな所にもヒントが!

Amazon:【CD】魔法先生ネギま! 麻帆良学園中等部2-A 「2月:いたずら3人組」 コドモ扱いしちゃヤケドするよっ!

いたずら3人組(春日美空/鳴滝風香/鳴滝史伽)



「恋するとヤケドするぜ!」って、おませさんだ。いだずらといえども凶悪なトラップ。ヤケドどころでは済まされないようなw

【コミック】ネギま1巻:バケツで双子と巫山戯る美空の謎が解けた!

過去ログ2005/10/26分復旧。改訂版

05年の8月中旬から現在の06年1月中旬までの人気ページランキング 第13位。



それは魔法先生ネギま!同人誌エーミッタミムに寄稿するテキストを書くために、単行本1巻を読み返していた夜のことでした。

Amazon:魔法先生ネギま 関連本



ネギ先生が就任して担当するクラスへ行く際の教室のシーン

ネギくんが担当するクラスメートの風景



見にくいですが右下のあるコマを拡大したのが下のイラスト。双子姉妹の横にいる人物はクラス名簿から『春日美空』というキャラでした。鳴滝の双子姉妹と一緒に、おちゃらけたポーズを取っているお笑い要員なんだろうと、その時は思いました。

ひょうきんな姿の美空さん



ところがしばらく巻数が増えてストーリーが進んでも、この『美空』というキャラはザジと並んでもっとも影の薄く、印象があまりない生徒です。プロフィールなどからは陸上部で足が速いのが取り柄らしいんですけど。このコマだけ何故か引っかかりつつ、最近まで過ごしてきたのです。 Fateでいえば桜以下、ToHeart2では草壁さん以下、マリみてだと桂さんと同じポジションです。(2005/10/26時点では…) 



なのにお笑い要員にはちっともなりません。どちらかというと真面目っぽい方だと個人的には感じました。



その事はすっぱり忘れて、ネギま同人のテキストは終わらせました。後は原稿を送って校正してもらう手順です。修正前のテキストはこんな感じです。(※同人誌のテキストには画像は無し)

タイトル:『ネギまをゲーム化してみた』(著)ういろう

<<一部抜粋>>

★4.ネギ先生はじめての授業



ネギ先生は学園長室から担当の教室の前までやってきました。ここでプレイヤーはネギ視点から第三者のクラスメート(双子か桜子でも良し)になり、ネギ先生をトラップにかけよう。



イメージはゲームソフト「影牢〜刻命館」から流用し、入り口のドアに挟んだ黒板消しやタライが落ちてきたり、水の入ったバケツ、濡れた雑巾、ゴム矢、ロープなどあらゆるトラップを仕掛けて獲物を罠にかけよう。どれくらい引っかかるか得点を競いあう。



エロい要素…ネギがぶっ倒れて、(以下略


これは単行本1巻に収録されている新人教師ネギくんが生徒達から手荒い歓迎をうけるシーンからアイデアが浮かびました。

黒板消しトラップを止めるネギくん

ネギくんは教室のドアを開いたとたん黒板消しトラップにかかりそうになり、魔法で一度止めて、あわてて解除して一般人を装う場面です。



さらに強烈なトラップが待ちかまえてました……

その後のネギくん、床すれすれのロープに引っかかり、バケツを頭から被って、ゴム矢が飛んできて当てられるわ、大変なことになってますw

トラップにかかりまくるネギくん



それが普通の大学出たての青年かと思ったら、子供だったので慌ててかけよるクラスメート達。

バケツかぶった先生にとりかこむ生徒達



椎名桜子ネギ先生の真正面でバケツを持ち上げた桜子がいました。双子の片割れもいます。そこで先程のテキスト原稿では『ここでプレイヤーはネギ視点から第三者のクラスメート(双子か桜子でも良し)になり、ネギ先生をトラップにかけよう。』

こんな風になりました。


原稿を送ると、校正の際のチェックがやってきました。要約すると
『桜子』ではなくて『美空』の間違いでは?


ういろう「なんでー?」みたいなw 適当に書いたので、どうしてか?と尋ねられても上記の理由だったりと、自分でもよくわかりません(ぉぃ

質問を返してみると

その前のページでバケツをしかける双子と美空がいるので


ひょうきんな姿の美空さん

え、え〜〜  長年の謎が解けた!美空と鳴滝姉妹がトラップ仕掛けているシーンか。なるほど(`・ω・´)シャキーン



その間にしずな先生との会話や、インパクトある31人のクラス名簿(2ページにわたる見開き)、その間に5ページもあったら忘れるというか気が付かないって(・∀・)



更にこんな所にもヒントが!

Amazon:【CD】魔法先生ネギま! 麻帆良学園中等部2-A 「2月:いたずら3人組」 コドモ扱いしちゃヤケドするよっ!

いたずら3人組(春日美空/鳴滝風香/鳴滝史伽)



「恋するとヤケドするぜ!」って、おませさんだ。いだずらといえども凶悪なトラップ。ヤケドどころでは済まされないようなw

特捜なぞを探れ! 魔法先生ネギま1巻で謎の吹き出し

過去ログ2005/10/26分復旧。



コミック『魔法先生ネギま!』は少年のネギ先生が中学2年生の女子クラスを担当するところから始まります。学園コメディー+魔法+バトル物といったジャンルでしょうか。



さて同人誌に寄稿するテキストのため単行本1巻を読んでいたら、疑問がわいてきました。

Amazon:魔法先生ネギま 関連本



ネギ先生が初めてのクラス担当で教室を訪れた時に、扉にはさまった黒板消しや、地面すれすれのロープ等、トラップに豪快にひっかかるという、新人先生への手荒い歓迎のシーン。

問題の部分は駆け寄ってきたあやか委員長の台詞。あんなに生真面目な彼女の発言が謎なんです。

バケツかぶった先生にとりかこむ生徒達

ゴメン てっきり新任の先生かと思って
※あやか嬢はネギ先生の左頬に、右手でハンカチを当てているストレートの長い髪の女性。



お嬢様言葉らしくなく何か変だし。 それとも吹き出しは別の人から発せられたものなんでしょうか? このキャラはあやか委員長ではなくて、チアリーディング部の柿崎美砂だったのでしょうか?



追記)

コメント欄より、吹き出しの出っ張り(名称不明)の方向から、あやか委員長ではなくて別人から発せられたものと解釈した発言をいただきましたが、ブログツール故障の際どこかに紛失(;´Д`)

バケツをもった彼女(椎名桜子)の台詞と解釈すれば良いということです。吹き出しの出っ張りがもっと上に位置していれば……。

特捜なぞを探れ! 魔法先生ネギま1巻で謎の吹き出し

過去ログ2005/10/26分復旧。



コミック『魔法先生ネギま!』は少年のネギ先生が中学2年生の女子クラスを担当するところから始まります。学園コメディー+魔法+バトル物といったジャンルでしょうか。



さて同人誌に寄稿するテキストのため単行本1巻を読んでいたら、疑問がわいてきました。

Amazon:魔法先生ネギま 関連本



ネギ先生が初めてのクラス担当で教室を訪れた時に、扉にはさまった黒板消しや、地面すれすれのロープ等、トラップに豪快にひっかかるという、新人先生への手荒い歓迎のシーン。

問題の部分は駆け寄ってきたあやか委員長の台詞。あんなに生真面目な彼女の発言が謎なんです。

バケツかぶった先生にとりかこむ生徒達

ゴメン てっきり新任の先生かと思って
※あやか嬢はネギ先生の左頬に、右手でハンカチを当てているストレートの長い髪の女性。



お嬢様言葉らしくなく何か変だし。 それとも吹き出しは別の人から発せられたものなんでしょうか? このキャラはあやか委員長ではなくて、チアリーディング部の柿崎美砂だったのでしょうか?



追記)

コメント欄より、吹き出しの出っ張り(名称不明)の方向から、あやか委員長ではなくて別人から発せられたものと解釈した発言をいただきましたが、ブログツール故障の際どこかに紛失(;´Д`)

バケツをもった彼女(椎名桜子)の台詞と解釈すれば良いということです。吹き出しの出っ張りがもっと上に位置していれば……。
livedoor プロフィール
最新コメント
月別記事
カテゴリー
記事検索
PR
スーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS


スーパーロボット大戦V ープレミアムアニメソング&サウンドエディションー【初回封入特典】スーパーロボット大戦25周年記念「初回封入3大特典」 通常版/限定版の初回生産分には「初回封入3大特典」を入手できるプロダクトコード同梱 - PS Vita


ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS Vita


PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)


ソードアート・オンライン19 ムーン・クレイドル (電撃文庫)




魔法科高校の劣等生(21) 動乱の序章編〈上〉 (電撃文庫)


この素晴らしい世界に祝福を!12 オリジナルアニメブルーレイ付き同梱版 単行本


小説 君の名は。 (角川文庫) 文庫




この素晴らしい世界に祝福を! 9 紅の宿命 【電子特別版】<この素晴らしい世界に祝福を!> (角川スニーカー文庫) Kindle版


魔法科高校の劣等生 九校戦編(5)(完) (Gファンタジーコミックススーパー)


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。-妄言録(モノローグ)-(10) (ビッグガンガンコミックス)


僕だけがいない街(9)(角川コミックス・エース) Kindle版

【Vita】ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 日本一ソフトウェア


【3DS】世界樹の迷宮 長き神話の果て【先着購入特典】世界樹の迷宮 サウンドトラック ラフスケッチVer.付

【3DS】妖怪ウォッチ3 スシ (「特典」限定"妖怪ドリームメダル"「KKブラザーズ メダル」同梱)


【3DS】牧場物語 3つの里の大切な友だち マーベラス


【3DS】カルドセプト リボルト 任天堂


【PS4】人喰いの大鷲トリコ 初回限定版 【早期購入特典】「オリジナルPlayStation 4テーマ」「ミニサウンドトラック」がダウンロードできるプロダクトコード封入


【PS4】スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ バンダイナムコエンタテーメント


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ